1. ホーム
  2. ニュース
  3. 島の移動で自己発電~三洋電機、「エネループバイク」をハワイに200台導入
スポットライトニュース

島の移動で自己発電~三洋電機、「エネループバイク」をハワイに200台導入

2011年01月20日 12時00分 スポットライト

三洋電機・米国子会社のサンヨー・ノースアメリカ・コーポレーション(SANYO North America Corporation)は、ハワイ・ホノルル市内でレンタルバイク事業を開始するアシスト・ザ・ワールド・オブ・グリーン・リミティッド・ライアビリティ・カンパニー(Assist the World of Green LLC)(以下、アシスト・ザ・ワールド・オブ・グリーン.))との協業を開始したことを発表した。
当初は、アシスト・ザ・ワールド・オブ・グリーン.が、2011年1月中旬から本格オープンするレンタルバイクショップにエネループ バイクを導入し、販売代理店となり、ハワイ州内での販売を強化していくとのこと。
従来から、ハワイでは、日本人旅行者がツアーで訪れる際の島内の移動手段が、専用トローリーバスや、現地ツアーへの参加などに限られている一方で、レンタルサイクルを活用する場合には、地理的な問題や、扱う店舗の少なさなどのデメリットがあることから、今回、アシスト・ザ・ワールド・オブ・グリーンが、女性や年配の旅行者を対象に、エネループ バイクのレンタル事業を開始することとなったというもの。
ちなみに、エネループ バイクとは、自転車に乗ったまま発電・充電することのできる回生充電機能を搭載した三洋電機のエネルギー循環型電動ハイブリッド自転車のこと。
また、アシスト・ザ・ワールド・オブ・グリーンとは、離島が多いハワイ州でのグリーンエネルギー普及を目的に2010年に設立されたベンチャー企業のこと。
生まれたままの大自然を誇るハワイだからこそ、自動車よりも自転車がその風景には似合うのではないだろうか。大相撲に、ハワイ出身の力士が見えなくなって久しいが、現在の勝負にこだわるモンゴル系よりも、より開放感を感じ得た「大きさ」は、もったいないような気がする。リスペクトを持って、太平洋の楽園に臨みたい。
▼外部リンク
三洋電機株式会社
リリース