1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【海外発!Breaking News】エレベーターで宙吊りになった犬、宅配業者が危機一髪で救出(中国)<動画あり>
Techinsightニュース

【海外発!Breaking News】エレベーターで宙吊りになった犬、宅配業者が危機一髪で救出(中国)<動画あり>

2021年10月28日 21時00分 Techinsight

【海外発!Breaking News】エレベーターで宙吊りになった犬、宅配業者が危機一髪で救出(中国)<動画あり> 事故があったのは23日午後8時過ぎで、動画ではリードをした犬がマンションの22階からエレベーターの中に入っていくのが見て取れる。飼い主は見当たらず、エレベーターの中にも人はいない。 その後ドアが閉まり、エレベーターは犬のリードの一部が外にはみ出した状態で下降を始める。するとドアに挟まれたリードはどんどん上昇し、引っ張られた犬は瞬く間に宙吊りになった。 エレベーターのドアを足で引っ搔くようにしてもがく犬。しかし幸運とはこういうことを言うのだろう。1階下の21階でドアが開くと、外では宅配業者の男性がエレベーターを待っており、大きく揺れてパニック状態の犬に気づくと優しく抱きかかえた。 男性は当初、エレベーターからぶら下がったリードを外そうとしたが上手くいかず、エレベーターのドアが開閉を繰り返すなか、最後は首輪を外して救出した。 とんだ災難に遭った犬はその後、この男性が飼い主を見つけて引き渡しているが、『The Daily Star』によると、飼い主は犬がいなくなったことに全く気づいていなかったという。 なおこのニュースには「マンションで犬がいなくなっても気づかないなんて、犬を飼う資格なし」「この犬は本当にラッキーだった」「あのまま1階まで行っていたらと思うとゾッとする」「助かって良かった」といったコメントがあがっている。 ちなみに今年10月にはロシアのマンションで、飼い主が持つリードに繋がれた犬がエレベーターに乗りそびれて宙吊りになった。幸いにも犬は救助されて無事だったが、犬を全く確認しなかった飼い主を非難する声が多数あがっていた。 画像は『The Daily Star 2021年10月27日付「Hero deliveryman saves dog being strangled to death by leash in moving lift」(Image: AsiaWire)』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 A.C.)