1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【エンタがビタミン♪】吉高由里子、キャラクターにいきなりダメ出し 過去には逆に間違いを指摘されていた
Techinsightニュース

【エンタがビタミン♪】吉高由里子、キャラクターにいきなりダメ出し 過去には逆に間違いを指摘されていた

2021年09月15日 19時47分 Techinsight

【エンタがビタミン♪】吉高由里子、キャラクターにいきなりダメ出し 過去には逆に間違いを指摘されていた 三井住友銀行渋谷駅前支店にて開催された『~みんなと守ろう地球の未来~「SMBC Greenプロジェクト」発表会』にグリーンのスーツで登場した吉高由里子。「SMBCカラーですね?」と司会者から聞かれると「そうですね。すごい一生懸命探してくれたみたいで、より近い色のスーツを着させていただきました」と答えた吉高に、隣にいた同行のオリジナルキャラクター「ミドすけ」も嬉しそうだ。 ところが司会者が「ミドすけ、どう?」と話を振ると、吉高は「ミドすけもね、ジャケット着た方がいいんじゃ。なで肩がすごいから」と突然ダメ出ししたため、会場は大爆笑。吉高は「私もこれでカバーされているから。冬はジャケット型ミドすけにする?」と臆せず続けて提案した。 これまでにも吉高とミドすけは面識があったそうで、今年の吉高の誕生日の7月22日にはツイッターでやりとりしている。吉高は「この間、ツイッターでミドすけのアカウントにメッセージしたら、『“ミドすけ”の“すけ”はひらがなだよ』とアピールされました」と明かし、またもや爆笑を誘った。誕生日当日にツイッターで吉高の誕生日を祝福したミドすけに、吉高は「ミドスケありがとう 水が心地いい季節だね」と返信していた。これにミドすけが「ボクの『すけ』はひらがなだから覚えてくれたら嬉しいな♪ うん、水がとっても気持ち良いよね~! 素敵な1年になりますように! スーイスイ♪【ミド】」と応じていたのだ。今回、吉高はミドすけの名前の表記を間違えたことを「ごめんね」と謝罪していた。 そして発表会では「SMBC Greenプロジェクト」アンバサダーの吉高由里子に「Green支店長」の任命式が行われた。任命書を授けられた吉高は「全国の支店でGreenプロジェクトを推進する私の音声が流れますので、ぜひぜひ耳を傾けていただけたらなと思います」とアピール、「ATMのところで音声案内させていただくアナウンスを先ほど録りました」と報告した。 また吉高はSMBCのオリジナルクイズにも挑戦。紙の通帳の発行数は年400万冊だが、これを積み上げると富士山何個分の高さになるか―という問題で、「400万冊というのが想像できない数字」と困りながらも「富士山、高いですよ。日本で一番高いですよね…」と悩んだ末に「富士山1個分の高さ」と回答した吉高。「富士山2個分の高さ」と正解が発表されると「嘘ー!!」と絶叫、「びっくりですね。あらー」「いやあ、たまげちゃいました」「それだけの木が(伐採されて紙になり通帳に使われる)ということですよね」と驚きまくっていた。同行では全口座のうち紙の通帳が80%を占めており、同プロジェクトでは資源削減につながるWEB通帳の利用を推進するというが、吉高も「富士山2個分と考えると、本当にちょっとしたことで地球って変わるんだな」と感じ入っていた。 (TechinsightJapan編集部 取材・文:関原りあん)