1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【エンタがビタミン♪】水原希子、モデルか女優か悩んだ過去 役者の仕事は毎回「チャレンジング」
Techinsightニュース

【エンタがビタミン♪】水原希子、モデルか女優か悩んだ過去 役者の仕事は毎回「チャレンジング」

2021年09月14日 15時29分 Techinsight

【エンタがビタミン♪】水原希子、モデルか女優か悩んだ過去 役者の仕事は毎回「チャレンジング」 新生LUXのブランドアンバサダーに就任した水原希子は、勇気をもって一歩を踏み出す女性の象徴として新TVCM「私をすすめるのは、私。」篇に出演する。 CMに絡めて「これまでに踏み出すことに不安だったり、勇気が必要だったこと」を聞かれた水原は、過去にモデルと女優とどちらかを選ぶか、非常に悩んだエピソードを披露した。「ずっと写真芸術が好きでモデルの仕事を始めて10代のときはパリに行ったり、ファッションの分野で活躍する自分を想像していた」という水原。そのうちに映画や芸能の仕事に携わるように。当時は「モデルの仕事もやりつつ芸能の仕事もやっている人があまりいなかった」という水原は、「女優をやると決めたらファッションの仕事を諦めなければいけないのか」と大変悩んだそうだ。「写真芸術は本当に自分がやりながら喜びを感じるもの、役者はどちらかというとチャレンジするもの」と捉えていた水原は、あるフォトグラファーに相談したところ「希子ちゃんは芸術半分、芸能半分でやればいいんだよ」とさらっと言われたという。「それができる人はあまりいないから、自分の好きなこととチャレンジすることを両方続けてやっていいんだよ」と言われ、「いいんだ!」と目から鱗が落ちたようで、「自分の将来がはっきり見えた瞬間でしたので嬉しかったです」と振り返った。10代後半か20代前半の頃だったという。 それからモデルも役者もどちらも頑張ってきたという水原だが、「役者の仕事もまだまだ挑戦したい。毎回毎回が初めての経験。新しい現場で新しい役となるとイチから作り上げていくので、そこはチャレンジング」と意欲的だ。他にも「新しい景色を見ることがすごく好きなんですね。ダイビングの免許を取ったのですが、そこで見た景色が忘れられなくて。国内で美しい場所もたくさんあるので、今はなかなか行けないですけど、自分が見たことがない景色を見るという姿勢を崩さずにそこはどんどん突き詰めていきたい」と前を向いた。 そんな水原でも気持ちがダウンすることがあるそうで「今まで乗り越えてきたんだから絶対に乗り越えられると、今までの経験を踏まえて考えるようにしています」と明かす。「お洒落してみたり、音楽を聴いたり、髪の毛を綺麗にしたり…アップダウンがあることに対して怯えない。それが当たり前だと理解することで自分を慰めていますね」と気持ちの持ち方を語り、「自分を受け入れて、自分を責めることをせずに、自分が何を求めているか考える。何もしない時間もとても大事。ぼーっとしていて湧き上がってくることもあるので、何もしない自分を許す。どんな状態の自分でも受け入れて、自分の一番の味方でいてあげることが大事」と自身の対処法を説明した。 自宅では10種類以上の植木を育てているという水原。「今日も可愛いね」「元気かな?」などと話しかけるそうで、「自然がすごく好きなので、家の中でも自然を楽しめることがあればいいな」と植木を買ったそうだ。「ハイビスカスが咲くと嬉しくて。日々の自然との触れ合いを楽しんでいますね」と穏やかな笑顔を見せていた。 (TechinsightJapan編集部 取材・文:関原りあん)