1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【エンタがビタミン♪】広田レオナ「乳母に預けっ放しにされて育った」と告白 母親を「命懸けでスルーするタイプの女性」とも
Techinsightニュース

【エンタがビタミン♪】広田レオナ「乳母に預けっ放しにされて育った」と告白 母親を「命懸けでスルーするタイプの女性」とも

2021年08月01日 11時50分 Techinsight

【エンタがビタミン♪】広田レオナ「乳母に預けっ放しにされて育った」と告白 母親を「命懸けでスルーするタイプの女性」とも 7月31日に更新した広田レオナオフィシャルブログは、「昨日は父の一周忌でした」から始まる。亡くなった父親はラテン歌手のジョージ広田さんで、札幌でミュージックパブを経営し女性からの人気が高かったそうだ。広田は4歳の頃からクラシックバレエを始め、札幌市内の高校在学中に15歳でベルギー王立芸術学院に合格しバレエ留学をしている。だが18歳の時、振付の最中におきた事故により腰を壊してプリマを断念せざるを得なくなり帰国。その後、19歳の時に映画『だいじょうぶマイ・フレンド』のオーディションに合格し、1983年に女優デビューを果たしている。 母親は愛する夫(広田の父親)の世話に夢中だったため、広田や妹を乳母に預けっ放しにしていたという。たまに乳母が不在な時「お腹が空いた」と母親に訴えると、「うるさい! ノリチカさんの事で頭いっぱいなの!」と怒鳴られ、寒い屋外に何時間も出されたそうだ。広田によると「今だとかなり危ないエピソードは数知れず」ということだ。それほど愛していた夫が病のため弱ってくると母親は世話をするのを嫌がったといい、亡くなっても「あ、そう」という素っ気ないものだったという。現在の母親は「父の一周忌もどんなふうに亡くなったかも忘れていました」と明かしているが、広田は本当に覚えていないのかと悲しくなって耳が遠くなった母親に「そんなに薄情だとパパに祟られるよ」と紙に書いて聞いてみたところ、ゲラゲラ笑っていたそうだ。 母親に対して「性格が宜しくない…親じゃなければ出来れば避けたいタイプ」、「いや、命懸けでスルーするタイプの女性なんです」と広田は58歳になった今も複雑な思いを抱えている。人生を振り返ると母親を反面教師にして育ち、15歳で逃げるように海外へ行ったのは“正解だった”という考えは今も変わらない。現在は22歳年下の夫に支えられながら、辛いリハビリに励んでいる広田レオナ。「#家族皆んなが明るくなれるために今日も頑張って終活しよう」「レオナさん、fightです」という言葉で、ブログを締めくくっていた。 画像は『広田レオナ 2021年7月15日付Instagram「今日は次回作のロケハンでした」』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 みやび)