1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【海外発!Breaking News】感染症から回復し新たな家族を得た子猫 スタバのペット用生クリームに大興奮(米)<動画あり>
Techinsightニュース

【海外発!Breaking News】感染症から回復し新たな家族を得た子猫 スタバのペット用生クリームに大興奮(米)<動画あり>

2021年03月03日 21時00分 Techinsight

【海外発!Breaking News】感染症から回復し新たな家族を得た子猫 スタバのペット用生クリームに大興奮(米)<動画あり> コップに顔を突っ込んで大興奮で生クリームを食べているのは、“メレディス(Meredith)”という名前の黒猫だ。メレディスは生後3週間の頃、他のきょうだい達と雨の中びしょ濡れになっているところを発見された。 メレディスらを保護した、米ニュージャージー州を中心に猫の保護活動を行う団体「Foster the Fur Babies」によると、当時メレディスを含めた子猫たちは上気道の感染症にかかり、目には寄生虫がいたりと衰弱しており、すぐに治療が必要な状態だったという。 同団体の共同創設者の1人ジアーナ・サルーチさん(Gianna Cirucci)は「メレディスはきょうだいの中でも特に体が小さい子猫でした。メレディスを含め他の子猫たちも弱っていたので、助かるかどうか分からない状況でしたね。それでも懸命にケアを施し、全員生き延びることができました」と明かした。 「しかしメレディスにとっては厳しい道のりになりました」とジアーナさんは続ける。 「他の子猫たちが感染症から回復しても、メレディスだけはしばらくの間、目に問題が残ったままだったのです。複数の感染症にかかっていて、何度も獣医のもとを訪れ治療に励みました。」 「その後、感染症を克服することができましたが、獣医からは『今後、多少の視力障害が残るかもしれない』と言われてしまいました。」 この状態で譲渡先が見つかるかどうか不安だったと話すジアーナさんだが、幸運にもメレディスを受け入れようと決めた優しい飼い主が見つかったのだ。 「新しい飼い主にメレディスを渡す前に、たくさんの感染症を克服し頑張ったお祝いとして何かしてあげたいと思ったのです。」 そしてジアーナさんは、メレディスをスターバックスに連れていき“パプチーノ(Puppuccino)”をあげることにした。 パプチーノは子犬を意味する“パピー(Puppy)”と“カプチーノ(Cappuccino)”を組み合わせた言葉で、アメリカのスターバックスで提供されているペット用の生クリームである。カフェインや砂糖などは一切入っておらず、ただ生クリームを泡立てただけの商品だ。 メレディスは食事を目の前にするとがっつくように全て平らげるほどご飯が大好きで、この日も小さな紙コップに入ったパプチーノを見ると、顔ごとコップの中に入れて食べ始めたという。 一心不乱に食べるメレディスを撮影した動画では、コップから顔を出したメレディスの黒い顔が真っ白になるほど生クリームだらけになっていた。まだ足りないようで、メレディスは首をコップの方へ伸ばして催促している。 この動画がTikTokやInstagramに投稿されると、「可愛いね。何も後悔していない顔をしてるよ」「息をするのも忘れていそうな勢いだね」「コップから子猫の顔が出てきた瞬間に爆笑しちゃった」などのコメントが相次ぎ、多くの人がメレディスの可愛い姿を楽しんだようだ。 ちなみにジアーナさんによると、猫に乳製品を与えることは理想的ではないそうで「今回は1回だけのご褒美」と明かしており、その後メレディスは具合が悪くなることもなく元気に過ごしているという。
画像は『Foster the Furbabies 2021年2月8日付Instagram「Meredith got a little treat before her adoption day」』『The Dodo 2021年2月26日付「Kitten Gets Way Too Excited During Her First Starbucks Run」(FOSTER THE FURBABIES)』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 iruy)