1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【イタすぎるセレブ達】離婚申請したキム・カーダシアン、亡き父の誕生日に「夢の中で会いに来て」と思い綴る
Techinsightニュース

【イタすぎるセレブ達】離婚申請したキム・カーダシアン、亡き父の誕生日に「夢の中で会いに来て」と思い綴る

2021年02月23日 15時10分 Techinsight

【イタすぎるセレブ達】離婚申請したキム・カーダシアン、亡き父の誕生日に「夢の中で会いに来て」と思い綴る 今月22日は『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』でおなじみのカーダシアン一家の父、ロバート・カーダシアンさんの誕生日だった。次女キム・カーダシアンは、存命であれば77歳の誕生日を迎えるはずだった亡き父を思いながらInstagramを更新し、姉コートニー、妹クロエ、弟ロブ、そしてロバートさんとの懐かしい家族写真をアップし、 「ハッピーバースデー、お父さん!」 とメッセージを綴っている。写真の日付に’99とあることから、おそらくキムが19歳の頃の写真のようだ。生前のロバートさんは敏腕弁護士として知られ、かの有名なO・J・シンプソン事件で弁護団の1人を務めた人物である。しかし食道がんを患い、2003年9月に59歳の若さで他界した。 大変なパパっ子だったことで知られるキムは、父親の死後も父の日や誕生日など時折Instagramにロバートさんの写真を投稿しているが、今年は例年よりも長めのメッセージを綴り、亡き父に思いを馳せている。 「私はお父さんを毎日祝福してるけど今日は特別。話したいことがたくさんあるの! お父さんの携帯番号に電話したのよ、あれから何年も経ったけれど、誰か電話に出てくれるかな、なんて思いながらね。未だに番号を覚えてるなんて驚きよね。」 「早く夢の中で私に会いに来て。それから、いつも2人で話してたシンボルや鳥?!?!の形のサインをどうかお願い、送ってください。あなたがとっても恋しいです!」 キムは今月、プライベートで大きな変化があった。19日に「和解し難い不和」を理由におよそ7年間連れ添ったラッパーの夫カニエ・ウェストとの離婚を申請したのだ。ノースちゃん(7)、セイントくん(5)、シカゴちゃん(3)、サームくん(1)と4人の子供達を抱えながらシングルマザーになる道を決断するまでには様々な葛藤もあっただろうが、関係者達はキムの様子を「離婚に至ってしまった事実を悲しんではいるものの、自分の決断には自信を持っている」、離婚は彼女にとって、そして家族にとっても最良の選択であり「ようやく前へ進める」とキムが胸をなで下ろしている―と明かしている。 昨年10月にキムが40歳の誕生日を迎えた際には、父親を深く愛するキムのためにロバートさんのホログラムをプレゼントしたカニエ。キムは本物さながらのロバートさんが優しく語りかける素敵なホログラムを「天国からのスペシャル・サプライズ」と絶賛し、夫の気遣いを「生涯で一番心のこもったギフト」と称賛していた。ほんの4か月前までは夫婦間でそんな素敵なやりとりがあっただけに、キムも心のどこかではおそらく離婚という結論に達したことを残念に思っているはずだ。そんな複雑な心境や大きな変化を前に、今年は父親の誕生日に寄せる思いもひとしおだったようで、キムはInstagramストーリーにもロバートさんとの思い出の写真を多数アップし、「会いたい」と綴った。 ちなみにキムは昨年、アメリカの刑事司法制度改革を自身の使命に掲げながら「週20時間程度を法律の勉強に費やしている」と明かしていた。父親と同じ道を志すべく、来年の司法試験合格を目指しているとのことだったが、そんな娘の生き方をロバートさんもきっと天国から温かく見守っていることだろう。 画像は『Kim Kardashian West 2021年2月22日付Instagram「Happy Birthday Dad!」』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 c.emma)