1. ホーム
  2. ニュース
  3. バッテリ駆動も可能な14.1型フルセグ/ワンセグ対応テレビがダイアモンドヘッドから
チェッカーズ!ニュース

バッテリ駆動も可能な14.1型フルセグ/ワンセグ対応テレビがダイアモンドヘッドから

2020年11月16日 07時30分 チェッカーズ!


ダイアモンドヘッド株式会社は、OVER TIME(オーバータイム)ブランドの新製品として、地上デジタル放送が手軽に楽しめるポータブルテレビ『OT-PT141AK』を発売した。
USBメモリ/HDDの接続で録画にも対応
『OT-PT141AK』は、14.1インチ(1280×768ピクセル)のTFT液晶パネルを搭載したテレビだ。地上デジタル放送用のチューナーを備え、電波状況に応じてフルセグ/ワンセグを自動で切り替える。
本体側面にはUSBポートが用意されており、市販のUSBメモリ/HDDの接続により、地デジ放送の番組を録画することができるのだ。
電源は、ACアダプタ、車載用シガーアダプタ、内蔵バッテリの3種に対応する。内蔵バッテリは約4時間でフル充電となり、約2時間作動するのだ。
背面にはキックスタンドが用意されており、単体で自立する。さらに、スタンドを反転させれば、吊り下げ設置にも対応するのだ。製品には車載バッグが付属し、自動車内でも使用できる。
本体サイズは、W332mm×H225×D32mmで、重量は約1100gだ。なお、価格は12,780円(税込)となっている。

Editor's eyes
入力端子にはHDMIポートも用意されており、各種映像機器のモニタとしても機能するのだ。3ウェイ電源により、さまざまなシーンに対応できるのもポイントである。

▼外部リンク
ダイアモンドヘッド株式会社
詳細ページ