1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【海外発!Breaking News】メーガン妃そっくりの客室乗務員 飛行機の搭乗客「なぜここに?」(米)<動画あり>
Techinsightニュース

【海外発!Breaking News】メーガン妃そっくりの客室乗務員 飛行機の搭乗客「なぜここに?」(米)<動画あり>

2020年02月19日 21時00分 Techinsight

【海外発!Breaking News】メーガン妃そっくりの客室乗務員 飛行機の搭乗客「なぜここに?」(米)<動画あり> 米航空会社「ジェットブルー航空」の客室乗務員で1児の母でもあるクリスティン・プリムローズ・マティスさん(Christine Primrose Mathis、32)は、メーガン妃に顔が非常によく似ているとして注目を浴びている。 クリスティンさんが周りからメーガン妃に似ていると言われ始めたのは、2011年に米テレビドラマ『SUITS/スーツ』にメーガン妃が当時女優として出演した頃からだという。その後メーガン妃がヘンリー王子との交際から結婚、出産そして王室離脱とメディアを賑わせるたびに、彼女にそっくりであるクリスティンさんの注目度もあがったようだ。 英メディア『The Sun』によると、クリスティンさんが客室乗務員として勤務する間、乗客から「なぜ、(メーガン妃が)ここで働いてるの?」と聞かれることが度々あるそうだ。それ以外にも乗務のため空港の保安検査を通る際に、検査官はクリスティンさんからパスポートを見せられるまで、彼女をメーガン妃だと勘違いしていることもあるという。 またクリスティンさんがかつて口の横にあるホクロを除去した際に、皮膚科医から本物のメーガン妃が偽名を使ってホクロを除去しに来たと勘違いされたそうだ。そんなクリスティンさんはメーガン妃に似ていると言われることについて次のように語っている。 「最初は、乗客が私を呼び止めて『スーツ』に出演している女優に似ていると話しかけてきたのです。それが数回あったので私はGoogleで「メーガン」と検索しました。確かに彼女はとても素敵だったので、似ていると言われることは私にとって褒め言葉となりました。」 「自分でも似てると思います。メーガン妃の母はアフリカ系アメリカ人で、私の父もアフリカ系アメリカ人なんです。」 クリスティンさんは現在、セレブやハリウッドスターにそっくりな人達がタレントとして所属する企業「Mirror Images」に籍を置いており、ショーやイベントなどでメーガン妃として登場するようだ。また最近では、同じ事務所に所属するヘンリー王子似の男性と一緒に撮影も行ったという。 クリスティンさんは「私は企業やテレビなどの仕事をしたいと思っているのですが、一番の夢はメーガン妃に関連する映画で彼女を演じることです」と明かしている。 画像は『The Sun 2020年2月15日付「DOUBLE DUCH Air hostess is regularly mistaken for Meghan Markle on flights and confused passengers ask why she is working on a plane」(Credit: YouTube)』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)