1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【エンタがビタミン♪】草薙航基「俺は嘘つき」と悩むも、太田光「そういうキャラを演じているだけ」とバッサリ
Techinsightニュース

【エンタがビタミン♪】草薙航基「俺は嘘つき」と悩むも、太田光「そういうキャラを演じているだけ」とバッサリ

2020年02月14日 16時51分 Techinsight

【エンタがビタミン♪】草薙航基「俺は嘘つき」と悩むも、太田光「そういうキャラを演じているだけ」とバッサリ 12日深夜放送『太田伯山 ~悩みに答えない毒舌相談室~』(テレビ朝日系)に登場した宮下草薙。番組では草薙航基が「すぐに嘘をついてしまう」という悩みを相談した。草薙はどうしたら太田光神田伯山のように嘘や偽りのない生き方ができるのか―と本音で話す2人に憧れているという。 草薙の嘘というのは、たとえばスタジオに綺麗な女性タレントがいるときに「草薙くん、こういう女性どうなの?」と聞かれると「大好きです」と答えるものの、「本当は何とも思っていないし、あまり好きではないこともある」と本音を口にし、スタジオは爆笑となった。そこでスタジオの弘中綾香アナについて太田が「付き合いたいと思う?」と質問すると、草薙は少し間を置いて「『はい…』っていつも言っちゃうんですよ…」と漏らし、「この手の質問をどうかわしたらいいのか」と迷っている様子で「言いすぎて芸能界に『好き』って言っている人だらけ」と嘆いた。 そこで太田光が「タレントで言うと誰が好きなの?」と聞くと、草薙は「天海祐希さん」と回答。太田が「人気あるけどお前と年が違うだろ?」と追及すると観念したように草薙は「長澤まさみさんです」と告白した。今までこの手の質問には「天海祐希さん」と返していた草薙は「(自分のキャラ)ぽいかな、ウケるかなと。お笑いをとりにいっちゃいました」とウケ狙いで天海祐希の名前を出していたことも白状した。 他にも「食レポも苦手」だという草薙は「食えねぇな、これ」って思いながらも「美味しいです。こんな美味しいの初めて食べました」とまで褒めてしまうそうで、そんな草薙を相方の宮下兼史鷹は「気い使いなんですよね」「期待に応えちゃう」とフォローしたが、太田光は「自分が良く思われたいだけなんじゃないの?」と直球で突っ込むと、草薙は「そうだよ! 俺は嘘つきで『自分だけが良く思われればいい』と思ってやってるよ。マジな話そうだよ」と逆ギレしたように開き直った。みんなに良く思われたいそうで、たとえば「美味しそうなラーメン屋見つけて宮下誘って行きたいと思っても、美味しくなかったときに僕に責任が来るのが嫌だから『同期の誰々が言っていたよ』」と嘘をつくそうで、もし美味しくなかったら「あいつ舌おかしいな」と他人のせいにするとまで発言し「徹底して自分の意見で何も出さない」と言い切った。 一方で太田光は、書評を求められた際にその本が面白くなかった場合「“面白い”とは書かないね。“この視点は今までなかった”とか(書く)。嘘はつきたくない。そこは大事なところだから。信頼を失っちゃイヤだから、いわゆるエンターテインメントに関しては嘘をつきたくない」と確固としたポリシーがあるようだ。 そんなやりとりをしていた太田光は、草薙に対し「嘘つきだと悩んでいること自体が嘘なんだよ」とズバリ指摘。宮下も「核心に触れるとそうです」と認めた。太田は「そういうことだよな。そういうキャラを演じているだけだよな。自信ないフリしてるけど本当は自信満々なんだ」とも分析していた。こうなると草薙のどこまでが本当でどこからが嘘なのか判断するのは難しそうだ。 画像は『【公式】太田伯山 ~悩みに答えない毒舌相談室~ 2020年2月10日付Twitter「いよいよ#神田松之丞 さんが、11日に伯山を襲名されます!」』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 関原りあん)