1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【イタすぎるセレブ達・番外編】“プラスサイズモデル”アシュリー・グラハムが第1子を出産
Techinsightニュース

【イタすぎるセレブ達・番外編】“プラスサイズモデル”アシュリー・グラハムが第1子を出産

2020年01月22日 16時50分 Techinsight

【イタすぎるセレブ達・番外編】“プラスサイズモデル”アシュリー・グラハムが第1子を出産 2010年に結婚した映画ディレクターのジャスティン・アーヴィンさんとの間に第1子を妊娠中だったアシュリー・グラハム。夫妻は9回目の結婚記念日を迎えた昨年8月、SNSで動画を公開し「もうすぐ家族が増える」ことを公表していた。 以来、自身がプロデュースする下着を身にまとい、ふくよかなボディを惜しみなく披露してきたアシュリーは妊娠で大きくなったバストサイズを公表したり、妊娠線やセルライトがバッチリ映った動画をいさぎよく公開、「ありのままでいることの美しさ」を語り、注目や称賛を集めてきた。 昨年11月に出演した人気トーク番組『The Ellen DeGeneres Show』では、 「イェイ! 私、男の子のマミーになるの!」 と赤ちゃんの性別が男の子であることを公表し、喜びを明かしていたアシュリー。その翌月には米版『VOGUE』1月号にて大きなお腹で表紙を飾っている。 インタビューでは、初めての妊娠にリアリティースターのキム・カーダシアンテニス選手のセリーナ・ウィリアムズ、そして女優のエイミー・シューマーら仲の良い友人からたくさんのアドバイスをもらっていると明かし、経産婦や妊婦仲間とのもっぱらの話題は「妊娠中の性交体位についてなの」といった赤裸々トークが読者の共感を集めた。 そのアシュリーが現地時間18日、ついに待望の男児を出産した。20日には自身のSNSに夫ジャスティンさんからの短いメッセージを公開しており、そこには赤・青2つの絵文字とともに 「土曜日(18日)午後6時。それは私達の人生がよりよいものへと変化した瞬間でした。」 「人生における、このかけがえのない時間のなかで、たくさんの愛とサポートを与えてくださった皆さんに感謝いたします。」 と記されていた。男児の出生体重や名前などはまだ明かされていないが、近日中に可愛い赤ちゃんの写真がSNSにアップされること楽しみに待ちたいものだ。 自身のぽっちゃり体型を生かした“プラスサイズモデル”という新境地を確立した第一人者とも言われるアシュリーは、日頃から“ボディ・ポジティビティ”を唱えている。昨年12月にはInstagramで「妊娠で体重が約23kg増加した」ことを暴露、そしてその事実を「“どうでもいい”と思えるなんてサイコーの気分」と綴り注目を集め、さらに今年に入ってからは、第1子の誕生を直前に控えたタイミングで新たなスウィムウェア・コレクションを発表、 「このキャンペーンが、人生のどのステージにおいても女性はセクシーであり、その美しさは称賛されるべきだということを認識してもらえるきっかけになれば」 と明かしていた。 そんなアシュリーだけに、今後は産後の体型の変化や、母になったことで生じる心の変化などについても自身の体験をオープンに語ってくれることだろう。 画像は『A S H L E Y G R A H A M 2019年12月6日付Instagram「A VOGUE COVER!!!」』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 c.emma)