1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【エンタがビタミン♪】中島健人「今でも両親と映画に行く」「劇場で一日3本」プライベート語る
Techinsightニュース

【エンタがビタミン♪】中島健人「今でも両親と映画に行く」「劇場で一日3本」プライベート語る

2020年01月21日 18時08分 Techinsight

【エンタがビタミン♪】中島健人「今でも両親と映画に行く」「劇場で一日3本」プライベート語る WOWOWでは『生中継!第92回アカデミー賞授賞式』と題して、日本時間2月10日にアメリカ・ロサンゼルスのドルビー・シアターで開催される第92回アカデミー賞授賞式のもようを生中継するが、現地のレッドカーペットより授賞式へ向かうスターたちの様子を伝えるスペシャルゲストとして出演するのが、中島健人(Sexy Zone)だ。1月26日放送のミニ番組『中島健人 ハリウッド 映画の街を行く』、2月8日放送『第92回アカデミー賞 直前総予想』などにも中島が登場するが、そのため事前にハリウッドに飛んだそうだ。 「自分がデビューさせていただいて、映画に参加させていただく過程の中で、海外の映画に対する関心が少しずつ深まっていきました」と語る中島健人は、「その中で、アカデミー賞は、“そこ”から始まるトレンドだったり文化だったりから影響を受けて僕らもモノづくりをしている部分もあるので、リスペクトすべき場所だと思っています」とアカデミー賞への印象を明かす。なかでも「僕が印象に残っているのは、第86回、エレン・デジェネレスが司会をした回です。会場にピザを(宅配で)とったり、自撮りをしたりしていて、空気がすごく柔らかいアカデミー賞になったというのが印象的で、僕はすごく好きでした」と同賞を毎回チェックしているようだ。 そして中島は「先日、KinKi Kidsの堂本光一くんとお会いして、『フォード vs フェラーリ』の話で盛り上がりました。(堂本さんは同作の)アンバサダーも務められているので」と明かし、「男たちが心騒ぐ映画というか、本当に燃えましたね。もちろん退屈する瞬間がないし、競争する男たちが好きだなと。新たなヒーロー像が生み出されていく中で、王道のバディもので、人々が好きなもの―競争、絆といったものが描かれていて、そこでもクリスチャン・ベイルに注目しました」と1月10日に日本で公開された同作とマット・デイモンとともに主役を務めた俳優クリスチャン・ベイルの名を挙げた。 「クリスチャン・ベイルの出演作の『マシニスト』(2004年製作のサスペンス・スリラー映画)がすごく好き」と言う中島は、現地で「クリスチャン・ベイルに会いたい」と希望。「作品によって自分を変幻自在に変えていく姿がすごく印象的で、どういうふうにお芝居に対して人生を捧げているのか? 今回の映画(『フォード vs フェラーリ』)もものすごく良いので、会えるかどうかはわからないですが、ひと作品ごとの情熱についても聞きたいですね」と期待を込めた。 そんな中島は「基本的に家族全員洋画が好きで、特に母親がおすすめを教えてくれます。今でも父と母と3人で映画に行きます」と家族も映画好きであるといい、「自分自身でも映画誌を見ますし、劇場に行って一日3本くらい観る日もあるんですよ」とプライベートを垣間見せた。 洋画ファンとしてはまたとないアカデミー賞に立ち会えるこの機会に、中島健人は「『今年はこういう映画が素晴らしかった』というのをわかりやすく伝える、映画ファンのみなさんのサポーターという意識で臨みたいですね」「僕はアイドルとして、日本でステージに立たせていただいている時は歓声をいただく立場ですけど、今回は、世界のスターのすごさを自分が感じることによって、よりそのすごさを視聴者のみなさんにお伝えしたいと思います」と意気込んでいる。 (TechinsightJapan編集部 関原りあん)