1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【エンタがビタミン♪】ミルクボーイ『M-1』効果で「KAT-TUNとロケ」に驚き 内海は結婚条件クリア目前
Techinsightニュース

【エンタがビタミン♪】ミルクボーイ『M-1』効果で「KAT-TUNとロケ」に驚き 内海は結婚条件クリア目前

2020年01月17日 15時49分 Techinsight

【エンタがビタミン♪】ミルクボーイ『M-1』効果で「KAT-TUNとロケ」に驚き 内海は結婚条件クリア目前 教室にミルクボーイが登場すると、在校生たちが一斉に拍手で迎えた。これまでダウンタウンナインティナインら人気者を輩出してきたNSCだが、ミルクボーイは在籍したことがない。このような場は初めてだが「何でも聞いて」と気さくな2人に、生徒からの質問が相次いだ。 『M-1』で優勝して「一夜にしてすべて変わった」というミルクボーイ。「僕らは何もやってることは変わらないけど、見られ方が変わった」と言い、町でも声をかけてもらったり、年配の男性からサインを求められることもあるという。 『M-1』では「コーンフレーク」と「もなか」について“行ったり来たり漫才”で場内を爆笑させ、史上最高得点も叩き出したミルクボーイだが、そのネタの原型が生まれたのは「大学の落語研究会の頃」だそうだ。「先輩から『あれ面白いのにやめたの?』と言われて、またやりだした。(ネタ中に)『おかんが忘れた』とおかんが入って“トリオ”になったのは2018年から」「コーンフレークのネタは2019年の5月にできました」とブラッシュアップを重ねたようだ。 2007年にコンビ結成し「すぐに売れると思っていた」という駒場だが、鳴かず飛ばず。『M-1』開催がいったん終了した2010年からはさらに低迷し、内海はギャンブルに明け暮れた。テレビに出るにはいろいろ特技があった方がいいと聞いて、内海はお好み焼き検定初級を、駒場は掃除検定5級を取得し、さらにポールダンスを習い始めるなど迷走したことも。そんなある日、海原やすよ・ともこの番組に出演していた駒場が、「最近あまり漫才やっていないらしいね」と言われたことがきっかけで、「もう一回やり直さなければ」と再び漫才に真剣に取り組むこととなる。 そのような5年間の低迷期を経て『M-1』で見事に優勝した2人だが、優勝してからまだ休みは無く、大阪と東京を行き来している状態とのこと。「やったことがないことが多いので楽しいです。KAT-TUNさんとロケとか。今まではそんなのなかった。KAT-TUNさんが(自分たちを)知ってくれているのもびっくりしました」「朝、関根(勤)さんとラジオでお会いして、夜は小堺(一機)さんとお会いしましたから。毎日が刺激的です」と共演者の変化に驚いた。内海は「橋本環奈ちゃんに会ってみたい。可愛いでしょ」、駒場は「長渕剛さんと一緒にトレーニングしたい。夢だな」と声を弾ませる。 『M-1』の賞金もまだ入ってきておらず、『M-1』後の仕事が反映された給料もまだ出ていないが、内海は交際中の恋人と「給料30万円連続3か月超えたら結婚する」と以前から約束しているそうで、「4月22日が付き合って9年記念日なので、そこでしようかな」と結婚もいよいよ現実味を帯びてきた。 「東京進出は考えていない。漫才を極めたい。まだまだ面白くなるぞと思っているので、漫才に感謝してまだまだやっていきたい」と意気込むミルクボーイ。「どこまでお笑いのことを考えられるかというのが大事」「自由に面白いと思うことを好きにやった方がいい」とスターを前に目を輝かせて話に聞き入る後輩たちに貴重なメッセージを送った。 (TechinsightJapan編集部 関原りあん)