1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【エンタがビタミン♪】3時のヒロイン福田「スッキリMCの座が欲しい」に近藤春菜が動揺 加藤浩次「そんな簡単なもんじゃねえ」
Techinsightニュース

【エンタがビタミン♪】3時のヒロイン福田「スッキリMCの座が欲しい」に近藤春菜が動揺 加藤浩次「そんな簡単なもんじゃねえ」

2019年12月10日 18時50分 Techinsight

【エンタがビタミン♪】3時のヒロイン福田「スッキリMCの座が欲しい」に近藤春菜が動揺 加藤浩次「そんな簡単なもんじゃねえ」 優勝賞金1000万円に加え、日本テレビの番組出演権を副賞として授与された3時のヒロイン。9日は『THE W』決勝の生放送終了後に優勝会見に臨んだ3人だったが、休む間もなく『笑ってコラえて!』の人気コーナー“朝までハシゴの旅”のロケに参加した。真夜中のロケだったため、朝の情報番組『スッキリ』には一睡もせずの出演となったようだ。 3時のヒロインのネタ作りだけでなく、他のアイドルや劇団の舞台の脚本も書くという福田麻貴。「私たちは日テレの出演権をいろいろもらったんですが、これが終わった後もテレビに出続けたい。出続ける秘訣を聞いてみたい」と彼女が言うと、近藤春菜は「あーやっぱり、我々MC陣に手土産」と余裕のボケを返していた。もちろん冗談なのだが、その後に福田から思わぬ発言が飛び出したのだ。 それは9日に都内で行われた映画『屍人荘の殺人』(13日公開)のイベントで、出演者らへのインタビューVTRが流れていた時だ。“天の声”から「3時のヒロインの3人、何か能力が手に入るとしたら何が欲しい?」と、映画に出演している神木隆之介らと同じ質問が向けられた。すると福田が「春菜さんのポジションが欲しいです。このポジション」と、MC陣が座っている方向を指差した。これを受けた近藤が「このポジション? いや、来れるもんなら来てもえ…」と噛んでしまい、スタジオ内からは爆笑が起きる。横で聞いていた加藤浩次が「そんな簡単なもんじゃねえんだよな、春菜」「ここまで来るのにはな」と笑いながら助け舟を出すと、近藤は頷きながら「世の中にこれ(自分の顔を指し)を、“朝の顔”として慣れてもらうのは時間がかかんだから」と同調していた。 頭の回転が早く喋りも達者な福田は、今後の活躍次第でテレビ番組MCも夢ではないだろう。まずは3時のヒロインの名を幅広い世代に知ってもらえるよう芸を磨き、全国区のバラエティ番組でレギュラーを獲得したいところだ。来年の活躍が期待される、お笑い第7世代の女芸人トリオである。 画像2枚目は『日本テレビ スッキリ 2019年12月10日付Twitter「#クイズッスに来てくれた「THE W」3代目女王 3時のヒロイン」』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 みやび)