1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【エンタがビタミン♪】『暦の上ではディセンバー』懐かしみ“のん”を思う 大友良英に共感の声「能年さんが東北を明るくしてくれた」
Techinsightニュース

【エンタがビタミン♪】『暦の上ではディセンバー』懐かしみ“のん”を思う 大友良英に共感の声「能年さんが東北を明るくしてくれた」

2019年12月02日 14時20分 Techinsight

【エンタがビタミン♪】『暦の上ではディセンバー』懐かしみ“のん”を思う 大友良英に共感の声「能年さんが東北を明るくしてくれた」 『あまちゃん』に登場する架空のアイドルグループ・アメ横女学園芸能コース(アメ女)が歌う『暦の上ではディセンバー』は劇中で2009年のミリオンヒットシングルとなり、天野アキが所属するアメ女の姉妹グループGMT47メンバーも路上ライブでパフォーマンスしたナンバーだ。 実際に2013年8月28日発売されたCD『あまちゃん 歌のアルバム』に収録され、同年大晦日には『第64回NHK紅白歌合戦』の企画ステージで「GMTスペシャルユニット feat.アメ横女学園芸能コース」として、あまちゃんスペシャルビッグバンドをバックに披露した。 当時そのビッグバンドで演奏した大友良英は、久々にライブ映像を見てTwitterで「うわ、懐かしい。リハ時にギターうるさいですという軽い注意があったんで、本番はボリューム上げて演奏しました~」と振り返った。 さらに「ちゅうことで『暦の上ではディセンバー』になりました~」と呼びかけつつ、「そろそろ普通にのんちゃんがテレビに出れますように。もういいでしょ」と願って反響を呼んでいる。 フォロワーから「いつも応援ありがとうございます 1000%同意です! 普通にみれなきゃおかしいよ!」、「んだ! 東北復興のスーパーヒーローだべ。応援し続けるっちゃ」、「本当に、能年さん沈みがちだった東北を明るくしてくれました! 今度は私たちが能年さんを応援しなきゃ」といった声が寄せられた。 ギタリストでノイズミュージックやフリージャズにも傾倒する大友良英は『あまちゃん』の他にもNHK大河ドラマ『いだてん』、映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』や『タロウのバカ』など数々の作品で音楽を担当している。業界で実績を持つ彼が「普通にのんちゃんがテレビに出れますように」と意思表示したことは大きな前進と言えるだろう。 画像2枚目は『ビクターエンタテインメント 2019年10月28日付Twitter「本編もいよいよ終盤を迎えるの<大河ドラマ「#いだてん」オリジナル・サウンドトラック 完結編>の発売が11/20(水)に決定」』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 真紀和泉)