1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【エンタがビタミン♪】横浜流星の絶賛“MV風”動画、撮影風景に仰天「スマホだったんかい!」
Techinsightニュース

【エンタがビタミン♪】横浜流星の絶賛“MV風”動画、撮影風景に仰天「スマホだったんかい!」

2019年07月11日 14時50分 Techinsight

【エンタがビタミン♪】横浜流星の絶賛“MV風”動画、撮影風景に仰天「スマホだったんかい!」 『あな番』第2章から流れている新主題歌『会いたいよ』を歌っているのが誰か未公表のまま、まるで「歌っているのは自分だ」と主張するかのように、男性キャストが次々に曲に合わせて熱唱する口パク動画がこれまでインスタグラムに公開されてきた。結局おおかたの予想通り、田中圭扮する主人公「手塚翔太」が歌っていることが7月6日に公表されたのだが、公表前に5人目の口パク動画として披露された横浜流星の動画が秀逸だったのだ。 留置場のような場所の床にラフに座り、歌詞の通り、愛する人に会いたい思いを情感たっぷりに切ない表情で釘付けにする横浜。動きと言えば時折手を動かすぐらいだが、いくつもの角度から横浜を魅力的に捉え、短いながらもMVと言われれば疑わないほどの出来栄えだ。この動画は「流星君だけMVみたい カッコ良すぎます~」「歌は翔太くんやけどそのMVはもうこれでいきましょ!」「すごいMVですね 圭さん、もー流星くんにあげてください」などとコメント欄でも絶賛されている。 「流星くん最高 スタッフさん、素晴らしすぎるMVありがとうございます~」というコメントもあったが、9日に番組公式インスタグラムには「動画の撮影オフショット公開」として横浜の動画撮影風景が投稿された。床に座る横浜をスタッフ4人が至近距離でぐるりと周りを囲んでおり、それぞれ手にはスマホを構えている。「#携帯を構えているのは本編のカメラマン達」とも添えてあり、その中には天海祐希主演で人気を呼んだフジテレビ系ドラマ『BOSS』のロゴ入りの服を着ている人も。これには「スマホで撮影とはビックリ!!」「スマホだったんかい笑」「えー!! 携帯撮影で、あんなに素晴らしいMVが…流石プロ」「あの素敵な素敵なMV風映像は、まさかのスマホ4台体制だったんですか!? しかも近っ!」とプロ仕様のムービーカメラではなくスマホでの撮影だったことに驚くファンが続出、また「男に囲まれてる流星くん こんな状況下であの演技…凄いな~!」「この状態でもあんなにかっこよくキメれる流星くんは最高です」など異様な状況のなか切なすぎる演技を披露した横浜に称賛の声が寄せられている。 『あな番』で横浜は、AIを駆使して連続殺人事件の真犯人捜しをサポートする二階堂忍を演じている。7日放送の第12話では二階堂が同じ大学に通う黒島沙和(西野七瀬)の頭を鷲掴みにして匂いを嗅ぐシーンが印象的だったが、14日放送予定の第13話予告では横浜が回し蹴りをするシーンが見られる。極真空手で中学3年生の頃に世界大会で優勝している横浜の力量が発揮されるシーンに、「次回のキレッキレの回し蹴りも感謝しかございません」とファンも楽しみにしている様子。またファンを沸かせることになりそうだ。
画像は『【公式】あなたの番です 2019年7月9日付Instagram「‪主題歌を歌っているのは… 動画の撮影オフショット公開」』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 関原りあん)