1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【エンタがビタミン♪】『あな番』特別編に“アニキ”役・野間口徹「朝男も菜奈のことを世界一愛してると思ってた…」
Techinsightニュース

【エンタがビタミン♪】『あな番』特別編に“アニキ”役・野間口徹「朝男も菜奈のことを世界一愛してると思ってた…」

2019年06月24日 16時25分 Techinsight

【エンタがビタミン♪】『あな番』特別編に“アニキ”役・野間口徹「朝男も菜奈のことを世界一愛してると思ってた…」 マンション・キウンクエ蔵前の302号室に喪服のスーツ姿で帰って来た手塚翔太。菜奈の仕事部屋でパソコンを見るうちに日記を見つけ、彼女が自分のことをどのように思っていたのかを知る。 2人は推理小説がきっかけで知り合い、何度か会ううちに翔太から交際を申し込むが、菜奈は15歳も年上であることを気にして受け入れない。だが、翔太はめげずに交際を申し込み続けついにOKしてもらう。 翔太は「好きです、付き合ってください」と申し込むたびにシチュエーションを変えており、その涙ぐましい努力と熱意に彼女も心を開いたようだ。そして2人ともバスケットボールの経験があることから、プロポーズは「僕が苦手なスリーポイントシュートを決めたら結婚してください」というものだった。 そんな菜奈の日記に「早くあの人に離婚届のことをハッキリしてもらわねば…」との趣旨が何度か出てくる。元夫で離婚届をなかなか出してくれない細川朝男のことだ。 細川は菜奈が勤務していたデザイン事務所の社長で、しかも翔太がインストラクターを務めるトレーニングジムの会員として近づいてくる。 当初、菜奈と朝男の関係を知らない翔太は彼を「アニキ」と呼んで慕っており、やがて菜奈の元夫だと分かってからも「アニキ」と呼び続けていた。 だが朝男は「交換殺人ゲーム」に巻き込まれ、キウンクエ蔵前・101号室の久住譲(袴田吉彦)にエレベーターのドアから落とされて亡くなってしまう。 その細川朝男役を演じた野間口徹が『特別編』を見て、自身のTwitterで「えとね、やり方は間違ってたかも知れんけど、朝男も菜奈のことを世界一愛してると思ってたはずなんよね…だから頼むよ、ショウ…」とつぶやいた。 彼の投稿に、フォロワーから「アニキ、、、成仏してください! そして生まれ変わって翔太とおともだちになりましょう」、「翔太くんが必ず仇を取ってくれるはずです、アニキー!!」、「アニキが菜奈ちゃんを愛してた事分かってます もちろんやり方は卑劣だったけど、アニキを憎みきれない~ アニキの『ショウ』呼びを聞けないかと思うとそれも寂しいです アニキと菜奈ちゃんで翔太くんを見守って力を貸してあげてください」などの反響があった。 また「未だに夜中に菜奈ちゃんとマンションの外で笑顔で会ってたことが気になってます…何話してたんだろう?」、「アニキ…菜奈ちゃんがどうしても許せなかった所はもう迷宮入りですか? 気になりますー」、「アニキが、何をしくじってしまったのかも分からずお終いになってしまうのでしょうか。気になってます」という声も見受けられる。 『あなたの番です』第2章・反撃編は6月30日放送の第11話から始まり、翔太は菜奈を殺した犯人を推理しようと304号室に引っ越してきた人工知能・AIを研究する大学院生・二階堂(横浜流星)を訪ねる。果たして第2章で朝男と菜奈の関係に踏み込む展開があるのかも気になるところだ。 画像2枚目は『【公式】あなたの番です 2019年6月19日付Instagram「あな番特別編!菜奈・翔太オフショット」』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 真紀和泉)