1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【エンタがビタミン♪】間寛平、アポ電強盗殺人のニュースに心痛「バチが当たるから悪いことはやめてほしい」
Techinsightニュース

【エンタがビタミン♪】間寛平、アポ電強盗殺人のニュースに心痛「バチが当たるから悪いことはやめてほしい」

2019年03月14日 19時40分 Techinsight

【エンタがビタミン♪】間寛平、アポ電強盗殺人のニュースに心痛「バチが当たるから悪いことはやめてほしい」 被害者の80歳女性は1人暮らしで、先月28日に粘着テープなどで口や手足を縛られて亡くなっているところを発見された。防犯カメラや目撃情報をもとに捜査していた警察が、3月13日に事件に関わったと見られる3人の男を逮捕した。 女性宅には事件前に振り込め詐欺の手口で家に現金があるか尋ねる電話が掛かっていた。これが強盗目当ての「アポ電」だ。さらに1月と2月に都内で高齢者夫婦の住宅が襲われた強盗事件も「アポ電」があったという。 吉本興業所属のお笑いタレント間寛平が13日にSNSで「ニュースを見てたら人を殺したり年寄りを騙したり、見ててつらい、バチが当たるから悪いことはやめてほしい、絶対に幸せにはならん」とツイートしたのは、この事件についてだろう。 フォロワーからは「アポ電、3人組が逮捕された事件のことを仰っているのですね。弱い者をターゲットにする計画的犯罪は、絶対に許しては成らぬ!」といった反響をはじめ、「全くその通りだと思います! いじめや虐待…見てて腹の立つニュースが多すぎますね」「かんぺいさん ほんとにほんとに、この国がどうなってしまうのか…不安です…」などの声が寄せられている。 13日放送のテレビ朝日『報道ステーション』が、この“アポ電強盗殺人”について取り上げていた。これまでに確認された「アポ電」はかなりの数に上り、逮捕された3人組だけでなく他の人間が同じ手口で犯行に及んでいる可能性があるという。組織的なものかもしれず今後の情報に注意したい。 (TechinsightJapan編集部 真紀和泉)