1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【エンタがビタミン♪】中居正広×奥原希望“因縁のバドミントン対決” 得点シーンでSMAP曲を流す心憎い演出
Techinsightニュース

【エンタがビタミン♪】中居正広×奥原希望“因縁のバドミントン対決” 得点シーンでSMAP曲を流す心憎い演出

2019年03月14日 18時01分 Techinsight

【エンタがビタミン♪】中居正広×奥原希望“因縁のバドミントン対決” 得点シーンでSMAP曲を流す心憎い演出 中居チームとアスリートチームによる4番勝負のうち「バドミントン対決」は中居正広元女子プロテニス選手・杉山愛に加え、運動能力の高さに定評のあるみやぞんが初参戦した。 対するアスリートチームは前回も圧倒的な強さを見せたリオ五輪銅メダリスト・奥原希望と、新たにダブルス世界ランキング1位の福島由紀&廣田彩花“フクヒロペア”が加わる。 アスリートチームは15点、中居チームは3点で勝利というハンディマッチで、第1ゲームは中居チームから2人が交代しながら“フクヒロペア”とダブルスで対戦した。 “フクヒロペア”のサーブからゲームがはじまると、中居が打ち返したシャトルがラケットのフレームに当たり、鋭いスイングなのに緩い奇跡のショットとなった。シャトルがネットのすぐ上をふらふらとインして得点、いきなり1点を先取して中居正広が歓喜する場面では、BGMにSMAPの『オリジナル スマイル』(1994年6月)が流れて盛り上げる。 ただ、その後は杉山愛も交代しながら健闘するが、本気を出した“フクヒロペア”に及ばず「フクヒロペア 15-2 中居チーム」で敗れてしまう。 第2ゲームは奥原希望1人に対して中居チームは2人という変則マッチで、しかも3点のところを「2点でどう?」と交渉すると奥原は「はい」と笑顔で即答した。中居チームはみやぞん×杉山愛のペアからスタートするが、奥原の揺さぶりにみやぞんはすぐに息が上がり、ベンチで見ていた中居が「さっきのダブルスより動かされている!」と目を見張るほどだ。 そんななか奥原は笑顔を見せて涼しい表情でプレーしていたが、奥原「10」中居「0」で中居正広×杉山愛のペアに交代してすぐ異変があった。奥原が相手のサーブを打ち返したところ、中居がネット際から押し込んで得点したのである。2点で負けてしまうだけに奥原は「あああっ」と動揺を隠せない。 そのそばで中居が杉山とハイタッチして「イエー!」と歓喜する姿が対照的だ。実況アナウンサーも「なんと、流れが変わった」「マッチポイントです!」とテンションが上がり、オンエアではやはりBGMに『オリジナル スマイル』が流れていた。 しかし、奥原が「ちょっと待ってください、今の入りました?」というので杉山が「チャレンジ」を要請、中居は余裕で「チャレンジ1年生でしょう」と受け入れVTR検証したところ、打ち返したシャトルはネットの下をくぐっているではないか。中居も「全然入ってないじゃん」と納得するしかない。 結局、第2ゲームは「奥原 13-0 中居チーム」で奥原が完全勝利、総合でもアスリートチームが2戦全勝となった。 中居正広はまたしても奥原希望に完敗し、泣き顔で「もうつまんねえよ」「だって1点も取れないんだもん! 1点も取れなきゃつまらないよ~!」と訴えるので、その表情にアスリートチームの3人もウケていた。 番組のエンディングではナレーションで「平成最後の『4番勝負』まさかの4連敗 それでも中居の成績はまずまずだった。新しい時代の『中居の4番勝負』もお楽しみに!」とあり、新元号になってからもし「バドミントン対決」が実現すれば、今度こそリベンジに期待したい。 画像は『okuharanozomi 2019年2月28日付Instagram「Good start at first round against Line KJAERSFELDTfrom Denmark in Germany Open 2019.」』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 真紀和泉)