1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【海外発!Breaking News】生活苦の父親、9歳と16歳の我が子を連れて万引き(英)
Techinsightニュース

【海外発!Breaking News】生活苦の父親、9歳と16歳の我が子を連れて万引き(英)

2019年03月14日 17時12分 Techinsight

【海外発!Breaking News】生活苦の父親、9歳と16歳の我が子を連れて万引き(英) ランカシャー州ロッセンデールのバカップに住む6児の父親ポール・ショウ(34歳)は2月6日の午後、バーンリーにあるスーパーチェーン店「ASDA(アズダ)」で9歳と16歳の子供2人とともにドライブレコーダー3台とTVストリーミングスティックという総額192ポンド(約28,000円)の商品を万引きし、子供の1人の通学用バッグに忍び込ませた。 子供のバッグに入れれば犯行はバレないと思い、そのまま店を出ようとしたポールは、出入り口の万引き防止用ゲートのアラーム音が鳴ったことで店の警備員に捕えられた。警備員が警察を待つ間、別の警備員が過去に万引きしたポールのことを覚えており、その後店の監視カメラを確認すると、1月28日の午後4時15分に同様の手口で180ポンド(約26,000円)相当の電気製品を万引きしているポールの姿を確認した。 店で犯行を認めたポールは、今回地方裁判所に出廷し、2件の窃盗の罪を認めた。ポールは溶接工として自営で稼いでいたが、腰の怪我のために12か月間仕事ができずに家賃が滞納。窮状をなんとか脱しようと、家族に内緒で金の工面のためにギャンブルをしたり、盗んだ商品を売って現金に換えようとしていた。 法廷で、検察官は「子供を巻き込み共犯にするなどという行為は明らかに間違いであり、2度目は同じ店に戻って類似品を盗んでいることからも計画性がうかがえる」とポールを非難したが、弁護人は「依頼人は、自分が仕事ができないせいで子供たちを養えないことを気にしていた。犯行については深く反省しており、犯罪の目撃者が自分の子供たちになったことも恥じている。また、依頼人は子供たちは自分の犯行を100%理解してはいなかったとも話している。経済難であることを家族にバレずに解決しようとしたが、結果的に愚かな万引き行為を2度もしてしまった」とポールを擁護した。 実はポールには複数の前科歴があり、今回の法廷では保護観察官が次のように述べた。 「被告人は腰の骨を3本折って坐骨神経痛を抱えており、手術を要する状態だ。生活苦という状況に直面し、飲酒に走ったこともある。今回の2件の犯行以降、身内は事態に気付き、被告人の両親が滞納していた家賃を払い、パートナーは被告人に最後のチャンスを与えることにしたようだ。被告人は、腰の手術を受けた後は仕事に戻ることが最大の目的だと話している。」 大黒柱として一家を養わなければならないというプレッシャーを抱えていたとはいえ、子供を万引きに利用したという事実は許し難い。しかしポールは換金した金を、請求書の支払いにあてていたことが明らかになっている。結果、判事はポールに実刑を科すことはなく、12か月の地域奉仕活動命令および25日間のリハビリ活動要請、加えて3か月の飲酒治療、更にはASDAに180ポンド(約26,000円)の賠償金支払い命令を下した。裁判所では、ポールがバーンリーのASDAに出向くことを半年間禁じたが、既にASDA側からはポールに対してどの店舗にも永久的に出入りを禁じる通達がなされているとのことだ。 このニュースを知った人からは、「このスーパーを出入り禁止になったところで、こういう奴は別のスーパーでまた同じことをするって」「実刑にしないと、学ばないと思うけど」「なんでイギリスの判事は判決にこんなに甘いわけ!?」「実刑を免れるためならどんな言い訳でもして、それが通用するところが怖い」「反省してるって、どうせ見せかけだけにきまっている」といった声があがっている。 画像は『Metro 2019年3月12日付「Dad took children on shoplifting spree and stuffed their school bags with goods」(Picture: Wendy Barlow/MEN Media)』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)