1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【エンタがビタミン♪】大黒摩季、山岸潤史×KenKenのバンド“Funk on Da Table”と記念写真「私の青春そのもの」
Techinsightニュース

【エンタがビタミン♪】大黒摩季、山岸潤史×KenKenのバンド“Funk on Da Table”と記念写真「私の青春そのもの」

2019年02月12日 20時00分 Techinsight

【エンタがビタミン♪】大黒摩季、山岸潤史×KenKenのバンド“Funk on Da Table”と記念写真「私の青春そのもの」 山岸潤史(65)は1970年代はじめから日本のブルース、ジャズシーンで活躍しており「ウエスト・ロード・ブルース・バンド」や「ソー・バッド・レビュー」、「チキンシャック」といったバンドに参加した。だが、日本でのキャリアを捨てて1995年にニューオーリンズへ移住、今も現地を拠点に活動を続けている。 地元誌の年間ベストギタリストに選出される人気ぶりで、2000年頃に結成されたファンクバンド「パパ・グロウズ・ファンク」に参加しており、リーダーのジョン“パパ”グロウが今度は「Funk on Da Table」に参加することとなった。 大黒摩季はさらに「Funk on Da Table」を観に来た錚々たるメンバーとの集合写真を公開している。 元ツイストおよびHOUND DOGのベーシストとして知られる鮫島秀樹(63)や、漫才コンビ北京一・京二を解散後、1975年に山岸潤史や石田長生と「ソー・バッド・レビュー」を結成してボーカルを担当した北京一、KenKenの母親で“下北のジャニス”の異名を持つボーカリスト金子マリ、原田芳雄の長男でミュージシャンの原田喧太(48)という面々だ。 鮫島秀樹がSNSで4日に「凄いライブでした。ニッキーとKenKenのグルーヴ最高やったな。喧太達と一緒に行ってパチリ、、深い時間まで山岸と語っていたので二日酔いなり」と同じショットを投稿すれば、原田喧太は3日の夜にブログで「今日は凄いバンドのライヴを観て来た! 久しぶりにジェラシー カッコ良いのは勿論分かっていたのだが、想像遥かに超える演奏でした!」と振り返っている。 一緒にライブを楽しんだ大黒摩季が尊敬する先輩ミュージシャンと並ぶ記念写真を見て、「♪あなたは~私の~青春~そのもの~」というメロディーを脳内再生したのは無理もないだろう。 画像は『大黒摩季 2019年2月11日付Instagram「大変長らくお留守にして、ごめんなさい。」』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 真紀和泉)