1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【海外発!Breaking News】閉経のためトランスジェンダーと誤解された無実の女性、男性刑務所に収容される(米)
Techinsightニュース

【海外発!Breaking News】閉経のためトランスジェンダーと誤解された無実の女性、男性刑務所に収容される(米)

2018年12月06日 21時00分 Techinsight

【海外発!Breaking News】閉経のためトランスジェンダーと誤解された無実の女性、男性刑務所に収容される(米) 先月21日に米マイアミの連邦控訴裁判所で行われた裁判が、人々の関心を集めている。これは警察側の怠慢により一人の女性が大きな屈辱と恐怖を味わったことで刑事訴訟を起こしたものだった。女性はフィオル・ピチャルド・デ・ベロツさん(Fior Pichardo de Veloz、55)といい、ドミニカ共和国で弁護士の仕事をしている。 フィオルさんが2013年11月4日、孫の出産に立ち会うためマイアミを訪れた時のことだった。マイアミ国際空港に到着した彼女は空港警察により麻薬所持の疑いで身柄を拘束されてしまった。そしてフィオルさんはマイアミ・デイド郡のターナ・ギルフォード・ナイト刑務所に移送された。 フィオルさんはこの時、女性としてプライバシーが守られた場所で身体検査を受けた。女性警察官は密輸品を身体のどこかに隠していないか調べるため、衣服を全て脱ぐように指示をした。この時、女性警察官はフィオルさんから麻薬や密輸品などは確認できなかったと報告している。 ところがフィオルさんは高血圧を患っているため、刑務所内の医師の診察を受けなければならなかった。フィオルさんは当時、閉経後の更年期障害の治療のためホルモン補充療法を受けていた。 しかし、フィオルさんを担当したファトゥ・カマラ・ハリス看護師(Fatu Kamara Harris)とロドリゲス・ガルシア医師(Rodriguez-Garcia)は、彼女が服用しているホルモン剤をトランスジェンダーの男性が女性らしい膨らんだ胸にするためのものと決めつけてしまったのだ。 ファトゥ看護師は「フィオルさんはトランスジェンダーで男性器がある」とのメモを医師に残した。メモの内容を信じてしまったロドリゲス医師はフィオルさんの診察もせず、ホルモン剤や性別について尋ねることもなく、男性器があると個人ファイルに記載した。 これによりフィオルさんは女性の恰好をした男性のトランスジェンダーに間違われたまま、約11キロ離れた男性受刑者のみが収容されているメトロ・ウエスト刑務所に一時拘束された。それは約10時間ほどだったが、フィオルさんの恐怖はただ事ではなかった。 彼女が刑務所内に入った途端、いきなり40人ほどの受刑者に取り囲まれ、横目でジッと見られたり、笑い声をあげながら「マミー! マミー!」と大声で叫ばれたりした。女性だと気付かれた時に何をされるか分からないためトイレに行けず、そのまま失禁してしまったそうだ。 連絡を受けた家族によって刑務所から出ることができたが、フィオルさんはメトロ・ウエスト刑務所で再び服を脱ぎ女性であることを証明しなければならなかった。フィオルさんは当時のことを「検査の時に何人かの男性職員は笑っていました。また私の裸の写真を撮っていた者さえいました」と語っている。 フィオルさんの恐怖と屈辱は計り知れないものがあった。もともと弁護士であるフィオルさんは「米国憲法に違反し残酷でありえない刑罰を受けた」として、国と郡の刑務所職員を訴えた。 しかし第一審では訴えが退けられたため、フィオルさんはそれを不服として先月に控訴していた。そして11月21日の第二審の裁判で、フランク・ハル裁判官はこのように説明と補足をした。 「フィオルさんは医師や看護師に何度も女性であることを訴えたのにもかかわらず、主張が受け入れられることはなかった。彼らは彼女の健康状態を故意に無視し、頑なに性別を確認することを拒んだ。」 「物の分別がつく看守と医療関係者であれば、生物学的に女性である者を男性収容刑務所に身柄を置くということがいかに不当かということを知っているはずだ。」 裁判の結果はまだ先のことになりそうだ。 画像は『New York Post 2018年12月3日付「Grandma mistaken as transgender, sent to all-male jail」(Miami-Dade County Corrections)』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)