1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【エンタがビタミン♪】高橋一生主演『僕らは奇跡でできている』女子大生役・矢作穂香&北香那の演技に注目
Techinsightニュース

【エンタがビタミン♪】高橋一生主演『僕らは奇跡でできている』女子大生役・矢作穂香&北香那の演技に注目

2018年10月11日 16時30分 Techinsight

【エンタがビタミン♪】高橋一生主演『僕らは奇跡でできている』女子大生役・矢作穂香&北香那の演技に注目 一輝が虫歯の治療に通う歯科クリニックの院長・水本育実(榮倉奈々)は才色兼備な女性だが、生真面目なため正論をぶつけて相手を戸惑わせてしまうことが少なくない。初回では患者の一輝が予約時間を守れないことから「常識がない」と言い放ったり、彼から「先生は『ウサギとカメ』のウサギみたいですね。ウサギは人を見下すんです」と言われて逆上する。 そんな2人の関係がこれからどのように変化していくかは大きな見どころだろう。一方、一輝が大学で“動物行動学”を教える学生のうち青山琴音(矢作穂香)と尾崎桜(北香那)の存在も気になった。 講義を受ける多くの学生が居眠りをしたりスマホやノートパソコンで別のことをしているなか、尾崎桜は前列の席で熱心に相河一輝先生の話を聞いてノートをびっしりとっており、真面目な性格のようだ。対して青山琴音はスマホでファッションサイトを見ていた。 ある日、相河先生の提案でグループに分かれ「シマウマはなぜ、白と黒の縦じまなのか?」を話し合って発表することになる。桜と琴音は同じグループで、男子学生は頼りにならず桜の考えを発表するしかない。だが、桜は引っ込み思案なのか琴音に頼んで自分の考えを発表させる。 琴音は時々桜に確認しながらもハキハキと発表して、相河先生を感心させた。その先生の微笑みを見つめる桜の視線から恋心が感じられた。 番組公式サイトにある第2話の予告では、相河先生が学生たちをフィールドワークに連れ出す。大半の学生が渋々という感じで参加して盛り上がらないなか、相河先生だけは子どものような無邪気さでフィールドワークを楽しんでいた。青山琴音はその姿を見て胸の高鳴りを覚えるという。 「シマウマ」の講義で距離が近づいた桜と琴音が相河先生に好意を持つとなれば、2人の関係はどのようになっていくのだろうか。 尾崎桜役の北香那(21)はテレビ東京ドラマ24『バイプレイヤーズ』(2017年)でジャスミン役を務め、映画『ペンギン・ハイウェイ』(2018年)ではアオヤマ君の声で主演、ミュージカル『赤毛のアン ~アンからの手紙~』(2010年)にアン役で主演している。 また、青山琴音役の矢作穂香(21)は『仮面ライダーオーズ/OOO』(2010年9月期)でメズール(人間態)役を演じたのをはじめ、『幽かな彼女』(2013年)、『貴族探偵』(第10話・最終話/2017年)など数々のドラマに出演しており、9月29日から始まった配信ドラマ『今夜、勝手に抱きしめてもいいですか?』では主人公・佐伯莉子役を務めている。 人気上昇中の2人が「人にはそれぞれの考え方がある」と真理を追究する相河先生を相手に、変化するであろう桜と琴音をどのように演じるか注目したい。 本作の脚本は『僕の生きる道』シリーズや『Around40~注文の多いオンナたち~』(2008年)、『A LIFE~愛しき人~』(2017年)などを手掛けたシナリオライター橋部敦子さんによるオリジナル作品だ。原作がないだけに先が読めないなか、他のキャスト陣の演技にも期待が高まる。 画像は『【一輝の図鑑】 2018年9月23日付Instagram「相棒はカメのジョージです」』『北香那 2018年9月6日付Instagram「情報解禁 関西テレビ・フジテレビ系全国ネット10月期火曜ドラマ『僕らは奇跡でできている』に主演の高橋一生さん演じる一輝の教え子“尾崎桜役”でレギュラー出演させていただきます」』『矢作穂香 2018年10月9日付Instagram「いよいよ、今夜9時より!」』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 真紀和泉)