1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【イタすぎるセレブ達】ヘイリー・ボールドウィン、ジャスティン・ビーバーからの婚約指輪をお直し
Techinsightニュース

【イタすぎるセレブ達】ヘイリー・ボールドウィン、ジャスティン・ビーバーからの婚約指輪をお直し

2018年07月12日 14時33分 Techinsight

【イタすぎるセレブ達】ヘイリー・ボールドウィン、ジャスティン・ビーバーからの婚約指輪をお直し しばらく前に「もう俺にはヘイリー・ボールドウィンしかいない!」と決意し、婚約指輪を準備して一番良いタイミングを待っていたとされるジャスティン・ビーバー。そんなジャスティンは楕円形で美しい大粒ダイヤが輝く婚約指輪を購入していたのだが、この指輪について「ちょっとした問題があった」と報じられた。 2人はこのほどニューヨークの宝石店「プリスティン・ ジュエラーズ(Pristine Jewelers)」を訪ね、VIP扱いを受けた2人は少々合っていなかったリングサイズを変えてもらったというのだ。目撃者によると、ニューヨークにあるダイヤモンド取扱い店の多くはこの時期は伝統的にお休みをとっているとのこと。7月に2週間は店を閉めることが多いそうだが、同店はジャスティンとヘイリーのため特別に店を開け、リングのサイズを測ったという。 「そうなんです。そしてスタッフは全員上機嫌でハッピーでしたよ。」 一方でヘイリーも婚約成立を喜び、Twitterにてこのように書き込んでいる。 「何をしたおかげで、こんなに幸せになれたのか自分でも分からないわ。でもとても感謝しているの。神様は、生涯を共に過ごしてくれるこんなに素晴らしい人を私に与えてくれたんだもの! とても表現できないほどありがたく思っています。」 式の準備を始めたのか、すでに妊娠中なのかといった詳細は不明だが、ジャスティンはヘイリーを妻にすべく事前にヘイリーの父に「求婚を許可してください」とお願いし、了承を得てのプロポーズだったと言われている。 画像は『Justin Bieber 2017年8月17日付Instagram』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 ケイ小原)