1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【イタすぎるセレブ達】メーガン妃の父、テレビ初出演で沈黙破る<その1>「ボーイフレンドは英国人のプリンス」
Techinsightニュース

【イタすぎるセレブ達】メーガン妃の父、テレビ初出演で沈黙破る<その1>「ボーイフレンドは英国人のプリンス」

2018年06月19日 19時17分 Techinsight

【イタすぎるセレブ達】メーガン妃の父、テレビ初出演で沈黙破る<その1>「ボーイフレンドは英国人のプリンス」 ヘンリー王子と結婚し、晴れてサセックス公爵夫人となったメーガン妃だが、これまで幾度となく身内のトラブルが報じられてきた。挙式2日前には実父トーマス・マークルさんの欠席を知らせる声明を発表、直前までスキャンダルが絶えることはなかった。トーマスさん欠席の舞台裏には様々な憶測が飛び交っていたが、このほどトーマスさんが沈黙を破り、娘の王室入りについて胸中を激白した。 米カリフォルニアより衛星中継にて英情報番組『Good Morning Britain』に出演したトーマスさん。タブロイド紙には、ヨレヨレのTシャツにショートパンツといったラフな姿ばかり激写されてきたが、この日はプレスのきいた紫のチェックシャツにジャケットを合わせパリッとキメていた。 司会者のピアース・モーガンとスザンナ・リードから次々と飛び出す質問に、トーマスさんはリラックスした様子で答えていく。CMを挟まず30分以上におよび放送されたインタビューから、内容の一部を抜粋してご紹介したい。 ―初めてメーガンさんからヘンリー王子との交際を告げられた時は、どんな感じでしたか? 「メーガンから『ダディ、新しいボーイフレンドができたわ』と電話をもらいました。次の電話の時に『彼、英国人なの』というので『それは良かったね』と伝えたんです。3回目で『相手の彼はプリンス、ヘンリー王子よ』というので『ヘンリー王子か。わかった』と答えました。メーガンから『誰にも知られないように、これから彼のことを話す時は“H”ってイニシャルで呼んで』と言われたのを覚えています。」 ―娘さんが英国のプリンスと交際していると聞いて、驚かなかったのですか? どんな心境だったのでしょうか。 「確かに驚きました。素晴らしい男性ですし、なんと言っても英国のプリンスですからね。ですがメーガンも(ヘンリー王子に引けを取らないくらい)素晴らしい娘ですから。それに私からすれば、あの子は生まれた時からプリンセスなんです。」 ―ヘンリー王子と直接お会いにはなりましたか? 「いいえ。何度も話していますが、いつも電話です。実際に会ったことはありません。」 ―ヘンリー王子との初めての会話はどのような感じだったのでしょうか? 「『トーマスさん、初めまして』『ヘンリー、こんにちは』と挨拶を交わしました。その後は、彼とトランプ政権やブレクジット(Brexit:英国のEU離脱)といった政治の話を度々しました。」 ―婚約が決まった当初から、メーガンさん&ヘンリー王子からはバージンロードを歩いてほしいとお願いされていたのですか? 「はい。はじめからそういう話でした。私自身も、もちろんそのつもりでした。」 娘の王室入りが決まり、その後トーマスさんの生活はどのように変化していったのか。そして娘とバージンロードを歩くという夢が直前で絶たれた時、どんな心境だったのだろうか…。 画像は『Kensington Palace 2018年5月19日付Instagram』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 c.emma)