1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【海外発!Breaking News】「心を開いてくれるまで…」盲目の猫に毎日読み聞かせを続けた男性(米)
Techinsightニュース

【海外発!Breaking News】「心を開いてくれるまで…」盲目の猫に毎日読み聞かせを続けた男性(米)

2018年06月17日 21時38分 Techinsight

【海外発!Breaking News】「心を開いてくれるまで…」盲目の猫に毎日読み聞かせを続けた男性(米) 今年3月、米バージニア州リッチモンドのSPCA(動物虐待防止協会)に1匹の雄猫“スティービー・ワンダー”(5歳)がやって来た。盲目のスティービーは通りをうろついているところを保護され市内の施設に預けられていたが、SPCAへと移されたのである。保護当初、スティービーは環境の変化について行けず、ほとんど餌も口にすることなく一日中隠れて過ごしていたという。 そんなスティービーの状況が少し改善されたのは、SPCAの施設で他の猫たちと一緒に暮らすようになってからだった。しかし劇的な変化が現れるようになったのは、スティービーがプライス・マッキンタイアさん(19歳)と出会った5月からだった。 施設ボランティアのプライスさんは、スティービーがもっと人に慣れてくれるようにと本の読み聞かせを始めることを思いついた。幸いにも施設内には至るところにホグワーツ魔法魔術学校の装飾が施されてあり、プライスさんは「読み聞かせをするなら、ハリー・ポッターの小説しかない」と思ったという。プライスさんはスティービーの部屋をホグワーツ魔法魔術学校の4つの寮のひとつである「ハッフルパフ寮」に見立て、他の猫たちを引き取りに来る人々にも猫たちの個性をユニークな方法で知ってもらえるように努めた。忠誠心と忍耐をテーマとするハッフルパフ寮ならではといったところだろうか、結果としてスティービーに対するプライスさんの辛抱強い取り組みが大きな効果をもたらすこととなった。プライスさんはこのように話している。 「最初に会った時、スティービーは僕と関わることに全く興味を示してくれませんでした。僕は慣れてもらうためにスティービーのもとを訪れ続けました。少し慣れてくるまで数週間はかかりましたが、毎日会って数時間ハリー・ポッターの小説を読み聞かせ続けたんです。スティービーは一言一句に耳を傾けてくれていて、やがて僕との時間を楽しむようになってくれました。それから数週間後には、スティービーはすり寄ってくれるまでになって僕のそばでストーリーを聞くようになったのです。」 プライスさんは規則正しくスティービーとの読み聞かせの時間を決め、金曜日ごとにコスチュームのガウンを身に纏いハッフルパフの寮生になりきったりしながら、今でもほぼ毎日のようにスティービーとの時間を過ごしている。時間をかけたユニークな方法で少しずつ盲目のスティービーの心を解きほぐしていったプライスさんのおかげで、今やスティービーはプライスさんだけでなく他の人にも心を開くようになってきたという。SPCA広報課長のタビサ・トレロアーさんは、『The Dodo』にこのように語った。 「スティービーはとても愛情深い猫ですが、自分から人に寄っていくことのほうが好きなようです。プライスさんはスティービーのために素晴らしい務めを果たしてくれました。今ではスティービーとプライスさんの間に特別な絆が育まれているといってもいいでしょう。」 プライスさんのユニークなアプローチは、スティービーが人間に対して心を開くようになっただけでなく、盲目というハンディを背負ったスティービーへの自信を芽生えさせるきっかけにもなった。スティービーは施設内の部屋をあちこち探検したり、段差から飛び降りたりするようにもなり、餌やトイレがどこにあるかも問題なく探せるようになったそうだ。その仕草は、初めてスティービーを見た人が盲目だと気付かないほどだとタビサさんは言う。 1匹の盲目の猫との信頼関係を得るために、毎日努力を怠らなかったプライスさんは「今ではスティービーは僕に体を撫でさせてくれて、頭にもキスさせてくれるようにまでなりました。とても可愛いです。心を開いてもらうまで時間はかかりましたが、その価値はあったと思います」と話しており、近い将来、母親の許可が下りたらスティービーを引き取るつもりでいるという。それまでの間は、施設でハリー・ポッターの読み聞かせを通してふれあいの場を持ち、勇気と友情についてともに学んでいくことになるようだ。 画像は『The Dodo 2018年6月14日付「Teen Reads ‘Harry Potter’ To Blind Shelter Cat Every Day Until He Trusts Him」(Richmond SPCA)(Candace Morgan Photography)』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)