1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【エンタがビタミン♪】「羞恥心」デビューから10年 つるの剛士の投稿に「3人はいつまでも私のアイドル」の声
Techinsightニュース

【エンタがビタミン♪】「羞恥心」デビューから10年 つるの剛士の投稿に「3人はいつまでも私のアイドル」の声

2018年06月13日 13時58分 Techinsight

【エンタがビタミン♪】「羞恥心」デビューから10年 つるの剛士の投稿に「3人はいつまでも私のアイドル」の声 2005年10月から2011年9月まで放送された『クイズ!ヘキサゴンII』の企画から生まれた、男性3人組ユニット「羞恥心」。メンバーはつるの剛士野久保直樹上地雄輔で、同番組の司会を務めていた島田紳助さんが「羞恥心」の名付け親だ。デビューシングル『羞恥心』は2008年オリコン年間シングルチャート5位となるヒットを記録し、同年のNHK紅白歌合戦出場を果たすなど旋風を巻き起こした。その後『クイズ!ヘキサゴンII』の打ち切りをもって「羞恥心」は解散している。 13日の『つるの剛士 takeshi__tsuruno Instagram』には「羞恥心 2018」と記して、久しぶりに再会したというスリーショットを公開している。つるのによると「羞恥心」を知らない10代の子は多く、自分の子供達も同じ反応だという。 だがこの日のスリーショットには、「うわ、懐かしい。羞恥心はいつまでも私のアイドル」「また3人で企画かなにかで歌って欲しい」「私からしたら神的存在」「三人とも素敵なオジサンになりましたね(笑)」「高校1年生ですが羞恥心ドンピシャ世代です!」「この3人見れるだけで元気がでる」と熱い思いを伝えるコメントが多数寄せられている。まだまだ羞恥心ファンは健在だ。 画像は『つるの剛士 2018年6月13日付Instagram「羞恥心 2018」』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 みやび)