1. ホーム
  2. ニュース
  3. エンタテインメント事業を着々と強化!ローソンとオリコンの資本・業務提携
業務提携ニュースニュース

エンタテインメント事業を着々と強化!ローソンとオリコンの資本・業務提携

2010年12月20日 22時00分 業務提携ニュース

ローソン(※1)と、オリコン(※2)が資本・業務提携した。
今回の提携の狙いは、ローソンのリアル店舗網やネットサービスと、オリコンのエンタテインメント事業関連のノウハウを組み合わせることで、新しいサービスを生み出すことだ。
具体的な提携内容
具体的には、両社は、ローソン店舗での販促のため、商品にオリコンの音楽配信サービスを活用するという。また、両社は、アーティストやタレントとコラボした商品の共同開発や、インターネットサービスの連携などを行う。
資本提携の概要
資本提携として、ローソンは、オリコンの普通株式3,130株を取得する。これはオリコンの発行済株式の約2%にあたる。
エンタテインメント分野の強化を図るローソン
ローソンは、エンタテインメント分野を重要な成長分野と位置付けている。そして、この分野に関して、ネットサービスとリアル店舗を活用した様々なサービスを展開している。
今年の10月にはHMVジャパンを完全子会社化
具体的には、同社は、店頭に設置したマルチメディア端末ロッピーや、「Ponta&LAWSONネットショッピング」というサイトを通じて、エンタテイメントグッズを販売している。また、関連会社を通じて、チケットサービスやファンクラブ運営も手掛けている。
加えて、同社は、店舗において、エンタテイメント関連の様々なキャンペーンも実施している。
また、同社は、エンタテインメント分野の強化のため、今年の10月には、音楽・映像ソフトの販売を手掛けるHMVジャパン(※3)を完全子会社化している。
セブン&アイも同分野の強化に乗り出している
ちなみに、セブン&アイ(※4)もエンタテインメント分野の強化に乗り出している。
具体的には、同社は、昨年の9月にはぴあ(※5)と資本・業務提携し、今年の3月にはタワーレコード(※6)に資本参加している。
ローソンやセブンイレブンなどのコンビニが、エンタテインメント分野でどのように事業を展開していくかに注目したい。
※1は「株式会社ローソン」の略。
※2は「オリコン株式会社」の略。
※3は「HMVジャパン株式会社」の略。
※4は「セブン&ホールディングス株式会社」の略。
※5は「ぴあ株式会社」の略。
※6は「タワーレコード株式会社」の略。