1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【海外発!Breaking News】電子レンジで調理したポーチドエッグが爆発 顔に重度の火傷を負った女性(英)
Techinsightニュース

【海外発!Breaking News】電子レンジで調理したポーチドエッグが爆発 顔に重度の火傷を負った女性(英)

2018年04月16日 15時54分 Techinsight

【海外発!Breaking News】電子レンジで調理したポーチドエッグが爆発 顔に重度の火傷を負った女性(英) イングランドの北西部、グレーター・マンチェスターのアクリントンに住むダイアン・コブさん(Diane Cobb、55)が、自宅のキッチンで大火傷を負い先月19日に病院へ運ばれた。 ダイアンさんは当時、自身の昼食の準備をしており電子レンジでポーチドエッグを調理していた。カップに水を注ぎ、その中へ生卵を割り入れ、60秒間温めた。その後、取り出したカップを覗き込み、卵が調理されているか確認しながらスプーンでカップの中のポーチドエッグを取り出そうとした。 その瞬間、ポーチドエッグは破裂し、卵と熱湯がダイアンさんの顔や胸を直撃した。ダイアンさんはすぐさまキッチンシンクに駆け寄り、夢中になって火傷箇所に冷たい水をかけた。そして近くに住む娘のサムさん(Sam)に電話し、車で地元にあるウィゼンショー病院(Wythenshawe Hospital)に向かった。 病院に到着したダイアンさんは重症熱傷集中治療室に移された。結果、目の周りをはじめとする顔半分以上と胸に大火傷を負い、入院を余儀なくされたのだった。4日後には退院できたものの、その後も一日4回の目薬を点眼し、顔には24時間包帯を巻く生活を1週間も続けることとなった。ダイアンさんは当時のことをこのように語っている。 「鏡で自分の顔を見た時、『なんてこと!』と思いました。まるでマイク・タイソンと10ラウンドほど戦った後のような、ものすごく恐ろしい顔になっていたのです。あまりにも酷い状態だったため、自分の顔が元通りに治るかどうかさえ想像することもできませんでした。」 「その熱さといったらアイロンで火傷する100倍ほどに感じられました。まるで顔の皮膚が燃えているようで。数秒で顔と胸の皮膚がはがれ、本当に恐ろしかったです。」 ダイアンさんは過去に20回ほど、これまでと同じように電子レンジでポーチドエッグを調理していたが、今回のようなことは起こらなかったそうだ。今のダイアンさんは顔と胸に赤く痕が残っているものの、順調に回復しているという。今回のことを教訓としたダイアンさんは、自分と同じ目に合わないよう人々に訴えている。 「私がしたような便利な調理方法はインターネット上にいくらでも情報があります。今回の件があるまで私はそれを素晴らしいアイデアだと思っていました。しかし今後は二度とすることは無いでしょう。」 「自分の顔に負った大火傷のことを再び考えると、他の皆さんに忠告せずにはいられません。もし一人でも私と同じような過ちをするのを止めることができたら、こうして訴えかけた甲斐があるというものです。あの1分は私の人生を変えました。これが他の誰かに起こることを私は決して望みません。」 ダイアンさんは卵料理だけでなく他の料理においてもインターネット上にある裏技的な調理方法を活用する際は充分注意するように促している。 画像は『The Sun 2018年4月5日付「‘MY SKIN WAS ON FIRE’ Gran left with horrific facial burns after trying to make poached egg in microwave」(IMAGE: MERCURY PRESS)』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)