1. ホーム
  2. ニュース
  3. 単4電池1本で最大100時間動作するポータブルラジオがSONYから
チェッカーズ!ニュース

単4電池1本で最大100時間動作するポータブルラジオがSONYから

2018年04月05日 07時30分 チェッカーズ!


ソニー株式会社は、巻取り式のイヤーレシーバーを内蔵したポータブルAM/FMラジオ『SRF-R356』を、2018年4月14日に発売する。
ワイドFM(FM補完放送)もサポート
『SRF-R356』は、名刺サイズのコンパクトなAM/FMラジオだ。本体には巻取り式のイヤーレシーバーが装備されており、いつでもどこでも手軽にラジオ番組が楽しめる。
本製品には、消費電力が少ない独自設計のICが使用されており、単4形アルカリ乾電池×1本で最長100時間動作するのだ。※AM放送で内蔵イヤーレシーバーを使用した場合
本体前面には、大型の液晶ディスプレイが装備されており、放送局名などを日本語表記で見やすく表示してくれる。さらに、操作時のみ発光するバックライトにより、暗闇でも見やすいのだ。
このほか、ポケットに入れたままでも瞬時に選局できるプリセットボタンや、直感的に使えるジョグレバーなど、快適な操作をサポートする機能が用意される。
本体サイズは、55mm×93.5mm×13.7mmで、重量は約80gだ。なお、価格はオープンだが同社の直販サイトでは12,880円(税抜)で販売される。

Editor's eyes
巻取り式イヤーレシーバーに加え、内蔵スピーカーや豊かなステレオサウンドが楽しめるイヤホンジャックも用意されているのだ。ラジオ好きには要チェックのアイテムである。

▼外部リンク
ソニー株式会社
詳細ページ