1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【エンタがビタミン♪】高橋大輔 『バイキング』で坂上忍からバラエティの洗礼「変な汗出てますよ」
Techinsightニュース

【エンタがビタミン♪】高橋大輔 『バイキング』で坂上忍からバラエティの洗礼「変な汗出てますよ」

2018年02月22日 18時24分 Techinsight

【エンタがビタミン♪】高橋大輔 『バイキング』で坂上忍からバラエティの洗礼「変な汗出てますよ」 21日に行われたフィギュアスケート女子のショートプログラム(SP)では、ロシアから五輪選手(OAR)として出場した15歳のアリーナ・ザギトワ選手が1位、世界選手権2連覇中のエフゲニア・メドベージェワ選手(OAR)が2位、カナダのケイトリン・オズモンド選手が3位につけるなか、日本も宮原知子選手が4位、坂本花織選手が5位と健闘した。 23日のフィギュアスケート女子フリー次第では日本勢もメダルを狙えそうだという話題になり、坂上忍から「ロシアの2人に勝つ可能性も十分あるんじゃないですか?」と問われた高橋大輔氏。「ん~」とリアクションしたところ「高橋さん! 今の表情は見逃しませんでしたよ!」と突っ込まれてしまう。 高橋氏によるとザギトワ選手、メドベージェワ選手は練習中でもほとんどミスをせず、そこに食い込むのは難しいが「日本も銅メダルの可能性はある」と見解を示す。するとさらに坂上が「メダルを獲れる確率は?」と食い下がるも、高橋氏が言葉を選ぶので「協会からパーセンテージは出さないように言われてるの?」といじられる。 「高橋さん! 変な汗が出てますよ!」と言われて額の汗ぬぐう高橋氏だったが、「ミスをしなければ90%以上メダルが獲れるんじゃないか…」という坂上に「気持ちは100%です!」と切り返しようやく笑顔を見せた。 一方でスタジオゲストには長野五輪スピードスケート男子500メートル金メダルの清水宏保氏が出演しており、24日に行われるスピードスケート 女子マススタートについて聞かれた。同種目には日本からチームパシュート女子で金メダルに輝いた高木菜那選手、佐藤綾乃選手、高木美帆選手(サブ)が出場する。 清水氏は「マススタートは競馬みたいに横一列に並んで一斉にスタートする、実力だけでは勝てないギャンブル性がある競技。パシュートと同じようにチーム―ワークが大切なので日本は金を狙える」との趣旨で説明すると、「僕のようにチームワークをはずれた男は向かない」と自虐ネタをぶち込んだ。 彼は15日に出演した同番組でも、小平奈緒選手が女子1000メートルで銀メダルを獲った大きな要因は「精神力の強さ」だと語り、彼女が優しい性格で苦労したことについて自虐的に「僕みたいに性格が悪ければ。最初から自分のためにという思いでいけば(そんなことはなかったのに)」と笑わせた。 清水宏保氏と言えば、2016年7月18日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に出演したのをはじめバラエティ番組への出演が少なくない。その経験がこうした「自虐ネタ」を生むのだろう。 高橋大輔氏も今回の『バイキング』で坂上忍から「これに懲りてもう出ないなんて言わないで」と振られて「大丈夫です」と返しており、次に出演機会があればリベンジを期待したい。 画像は『DaisukeTakahashi 2018年2月8日付Instagram「今日は三田さんとグッディ!」』『清水宏保 2018年2月20日付Instagram「正解は、、、小平奈緒選手のメダルセレモニー終わってないからわかっちゃいますよね。」』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 真紀和泉)