1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【イタすぎるセレブ達】セレーナ・ゴメス&テイラー・スウィフト、友情はジョナス兄弟とのWデートから
Techinsightニュース

【イタすぎるセレブ達】セレーナ・ゴメス&テイラー・スウィフト、友情はジョナス兄弟とのWデートから

2017年12月07日 18時15分 Techinsight

【イタすぎるセレブ達】セレーナ・ゴメス&テイラー・スウィフト、友情はジョナス兄弟とのWデートから セレーナ・ゴメスとテイラー・スウィフトの出会いは2008年。セレーナがニック・ジョナスと、そしてテイラーがジョー・ジョナスとそれぞれ交際していた時期だったという。当時4人は16~18歳、セレーナはディズニー・チャンネルの『ウェイバリー通りのウィザードたち』に主演、テイラーはカントリーシンガーとしてヒット曲を連発し、後に史上最年少でグラミー賞の年間最優秀アルバム賞を受賞したセカンドアルバム『Fearless』をリリースするなど互いに波に乗っていた時期だった。 ダブルデートを通じて知り合ったセレーナとテイラーだが、セレーナは当時をこのように振り返った。 「あの頃のテイラーはカーリーヘア、ブレスレットを重ね付けしてカウボーイブーツを履いていたわ。私はキャリアがこれからって時期だった。お互いすぐに意気投合して仲良くなったのよ。」 あいにくニックとの恋愛関係は短命に終わってしまったが、ジョナス兄弟とは今も友人関係が続いているようで「2人とも素晴らしい男性よ。あの頃の私たちは若かったの。今とは状況もだいぶ違っていたし」と明かしている。また今年の夏にセレーナが腎臓移植を受けた際には、ニックがインタビューでセレーナをサポートするコメントをして話題になった。 一方でテイラーはジョーにわずか27秒間の電話のやりとりで一方的に別れを告げられており、傷ついた乙女心を楽曲『Forever and Always』に込めて歌ったのは有名な話である。 セレーナとテイラーのその後の活躍ぶりは言うまでもないが、嫉妬や欲望がうごめくハリウッドで第一線に立ち続けてこられたのは互いのサポートがあったからだろう。これまで10年近くも友情を育んできたテイラーとの関係をセレーナは「戦友」と呼び、「ニックとの交際での一番の財産は、テイラーと出会えたこと」だと語っている。 数々のヒット曲を連発し、その一挙手一投足が注目されるAリストセレブとなったセレーナとテイラー。これからも2人の友情に幸あれ。 (TechinsightJapan編集部 c.emma)