1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【海外発!Breaking News】「FBでシェア数1,000に達したら出頭する」警察にメッセージした男、差し入れのドーナツ持参で現れる(米)<動画あり>
Techinsightニュース

【海外発!Breaking News】「FBでシェア数1,000に達したら出頭する」警察にメッセージした男、差し入れのドーナツ持参で現れる(米)<動画あり>

2017年10月23日 21時00分 Techinsight

【海外発!Breaking News】「FBでシェア数1,000に達したら出頭する」警察にメッセージした男、差し入れのドーナツ持参で現れる(米)<動画あり> 米ミシガン州のレッドフォードタウンシップ警察署で、このほど風変わりな逮捕劇が起こった。ドーナツ片手に警察署を訪れたのは、飲酒運転と暴行未遂の2件の軽犯罪に関する保護観察違反で指名手配中だったマイケル・ゼイデル(21歳)で、Facebookであるチャレンジを試みた後、約束通り警察に出頭したのである。 10月6日、マイケルは同警察Facebookのプライベートメッセージに「もし次の投稿に1,000のシェアが集まれば、ドーナツ12個持って出頭することを約束するよ。それに公立学校の周りのゴミ拾いだってする。さて、いくつシェアが集まるかな」と書き込んだ。 マイケルはSNS上で「Champagne Torino(シャンパン・トリノ)」というアカウント名でも知られており、遠回しに脅迫じみたメッセージを送ったり頻繁に警察をからかう投稿をすることから、レッドフォードタウンシップ警察は、マイケルをFacebookからブロックすると警告したこともあったようだ。 そんなマイケルが寄越してきたチャレンジに、警察は乗った。早速そのメッセージをスクリーンショットにしてFacebookに「そのチャレンジ受けて立つ!(CHALLENGE ACCEPTED!)」と大きな見出しを付け、「“Champagne Torino”がこのようなチャレンジをしてきました。彼はドーナツを持って出頭すると言っています。ドーナツですよ! 我々はドーナツが大好きなので、みなさん、是非とも協力をお願いします」と綴った。 すると投稿の1時間後にシェア数1,000に達し、結果4,500超えとなった。チャレンジ後マイケルがすぐに出頭しなかったことから、同警察は11日に「シャンパン・トリノとしても知られるマイケル・ゼイデルを探しています。レッドフォード地区およびリボニア地区、もしくはドーナツショップにいると思われます。彼を見かけたら通報してください」とFacebookに投稿し、市民への協力を呼び掛けた。 そして16日の午後6時半頃、マイケルは約束通りドーナツ12個とベーグル1個を持ってレッドフォードタウンシップ警察にやってきた。ベーグルは、ベーグル好きの巡査のために用意したもののようだ。チャレンジから10日後の出頭となったマイケルの「有言実行」に警察も驚いたようで、「まさか本当に約束を守るとは思っていなかった」と話している。同警察は早速Facebookを更新、次のように記した。 「今晩6時半頃、マイケルが約束通り自ら歩いて同署に出頭してきました。ドーナツだけでなく、ベーグルも持ってきてくれました! サポートしてくださってみなさん、どうもありがとう。」 翌日の法廷審問では、マイケルに39日間の拘留が言い渡された。さらに裁判所費用の支払いを怠ると30日の延長になるという。このユーモアある逮捕劇に、ニュースを知った人からは「なんか警察もマイケルも『よくやった』って感じだね」「約束を守るのはいいことだよ。でもこの人また繰り返して犯罪やりそう…」「ゴミ拾いもちゃんとしてくれるといいね」「笑える話だ」といった声があがっている。 画像は『Redford Township Police Department 2017年10月16日付Facebook「This evening at approximately 6:30 pm Michael Zaydel made good on his promise to turn himself in to RTPD for his outstanding warrants.」』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)