1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【エンタがビタミン♪】高畑充希、時任三郎、黒木瞳の“家族”ショットに「パパ、ママ別れないで」の声
Techinsightニュース

【エンタがビタミン♪】高畑充希、時任三郎、黒木瞳の“家族”ショットに「パパ、ママ別れないで」の声

2017年09月14日 18時55分 Techinsight

【エンタがビタミン♪】高畑充希、時任三郎、黒木瞳の“家族”ショットに「パパ、ママ別れないで」の声 『過保護のカホコ』は両親(時任三郎、黒木瞳)の庇護のもと温室育ちの大学生・根本加穂子(高畑充希)が苦労人の美大生・麦野初(竹内涼真)と出会い、「私、こんなの初めて!!」の体験を重ね成長していく物語だ。最終回は2人の結婚に断固反対だった泉(黒木)も夫・正高(時任)の説得でやっと承諾。13日の放送回は平均視聴率が14.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、全10話で自己最高を記録し有終の美を飾った。 そんな中、『時任三郎 tokitosaburo Instagram』で公開された高畑、黒木との3ショットに大きな反響が寄せられている。「写真はパパとママのオールアップ後」とのことだ。最終回放送後は「パパの号泣、ハジメくんへのビシッと一言、ママへのハグ…最高に素敵でした」「感動しました! カホコちゃんパパめちゃくちゃ好きでした」「泣けました。ママが許してくれてよかった」との声や、ラストで突然出てきた夫妻の離婚話には「パパ、ママと大丈夫? これは続編期待してもよいですか?」「離婚しないで来年スペシャルでやってください」との要望が見受けられた。 画像は『時任三郎 2017年9月13日付Instagram「#過保護のカホコ 本日最終回放送。」』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 みやび)