1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【エンタがビタミン♪】ゲス乙女ほな・いこか、川谷絵音からの誕生日プレゼントを披露「えのぴょん帽子さんきゅー」
Techinsightニュース

【エンタがビタミン♪】ゲス乙女ほな・いこか、川谷絵音からの誕生日プレゼントを披露「えのぴょん帽子さんきゅー」

2017年09月14日 16時22分 Techinsight

【エンタがビタミン♪】ゲス乙女ほな・いこか、川谷絵音からの誕生日プレゼントを披露「えのぴょん帽子さんきゅー」 そんな彼女は「さとうほなみ」として女優活動も行い、ドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)では丸山聖華役を務めている。女優業を始めた際にインタビューで川谷絵音が命名した「ほな・いこか」の芸名について「気に入っているわけではない」と本音をぶっちゃけた。 9月3日にゲス乙女の全国ワンマンツアー「丸三角ゲス」のファイナル公演を日比谷野外大音楽堂で終えると、彼女が舞台裏でメンバー4人が並ぶところを「良きかな良きかな」と投稿している。今回、川谷からプレゼントされたキャップを被り笑顔でピースサインするあたり「ほな・いこか」の芸名を根に持ってはいないようだ。 一方、“ゲス不倫”の立役者となった川谷絵音は9月13日に『enon kawatani(indigolaEnd)ツイッター』で「文春のビルの近く歩いてたら中高生に携帯でパシャパシャ撮られた、夏の終わり」「“ロマンスありあまってるんですかー!?”って遠くから声かけるのやめてもらえますか…」と現状をつぶやいた。 また『川谷絵音 indigolaend Instagram』では、野外音楽フェスティバル『​MUSIC COMPLEX 2017​』でゲス乙女が9月10日に出演した際にキュウソネコカミのヤマサキセイヤとツーショットに納まり「まあこの人しかフェスで友達っていないんで。本当セイヤさんしか話さない、俺の夏フェス」と明かしており、心なしか寂しそうである。 画像は『ほないこか 2017年9月13日付Instagram「えのぴょん帽子さんきゅー」、2017年9月4日付Instagram「良きかな良きかな」』『川谷絵音 2017年9月10日付Instagram「まあこの人しかフェスで友達っていないんで。」』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 真紀和泉)