1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【エンタがビタミン♪】鈴木おさむの2歳息子、初めて覚えた芸能人は“ヒカキン” 「青鬼」ゲームにどハマり中
Techinsightニュース

【エンタがビタミン♪】鈴木おさむの2歳息子、初めて覚えた芸能人は“ヒカキン” 「青鬼」ゲームにどハマり中

2017年08月12日 22時48分 Techinsight

【エンタがビタミン♪】鈴木おさむの2歳息子、初めて覚えた芸能人は“ヒカキン” 「青鬼」ゲームにどハマり中 11日の『鈴木おさむオフィシャルブログ「放送作家鈴木おさむのネタ帳」』によると、最近は話せる単語が増えた笑福くんとどんどんコミュニケーションが取れるようになってきたそうだ。簡単なお願い事も理解し、応えてくれるようになったという。 そんな笑福くんの口からある日、“ヒカキン”の名が出るようになった。ここ数か月YouTubeの「青鬼」というゲーム実況の動画にハマっており、笑福くんはHIKAKINの多彩な表情に釘付けとなっているようだ。「青鬼」とは敵である青いモンスターから逃げることを目的とした謎解きホラーゲームだが、鈴木氏は「プレーヤーが鬼に追いかけられている時は、笑福は目をふさいで“うわーーー”とビビッて。ゲームオーバーになると、声を出して笑う」と言い、2歳児をここまで楽しませて夢中にさせるHIKAKINに脱帽していた。 コメント欄にも「うちの孫もはまってます。テレビからヒカキンって聞こえてきたら、急におもちゃ投げ出してまでテレビ前に座りました」「我が家の息子もヒカキンが大好きです!! ヒカキンに会いたいが口癖です」「2歳2か月の息子も最近のお気に入りはヒカキンです」との声が多く、次いでマツコ・デラックス、少し前はピコ太郎が幼児には人気だったようだ。 画像は『鈴木おさむ 放送作家 2017年7月24日付Instagram「お世話になってる人の家にて。息子、ピースを真似してみる」』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 みやび)