1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【エンタがビタミン♪】竹内涼真の「麦野くん」に“胸キュン”続出 「島谷ロス」埋める?
Techinsightニュース

【エンタがビタミン♪】竹内涼真の「麦野くん」に“胸キュン”続出 「島谷ロス」埋める?

2017年08月12日 16時30分 Techinsight

【エンタがビタミン♪】竹内涼真の「麦野くん」に“胸キュン”続出 「島谷ロス」埋める? 『過保護のカホコ』は、“過保護の象徴”とも言える女子大生・加穂子が主人公だ。彼女の朝は母(黒木瞳)に起こしてもらうところから始まり、その日に着る服も母に決めてもらい、母の運転で車で送ってもらう。一大決心してアルバイトをしたときも、母がどのバイトにするか一緒に決め、バイト先で困っていればすかさず母が助けに入る。筋金入りの過保護なのだ。父(時任三郎)も娘に甘いところはあるものの、このままではいけないと感じている。しかし、父は妻に頭が上がらない。 一方、竹内涼真が演じる麦野初(むぎのはじめ)は、父を幼い頃に亡くし、その後に母も失踪―と両親の愛情を知らずに育ってきた。いわば正反対の加穂子と麦野。もちろん加穂子の母は娘から麦野を遠ざけようとするが、それを振り切って加穂子は麦野に好きだと告白した。しかし麦野はきっぱり交際を断っていた。 そんな中で迎えた第5話のラストでは、麦野が大切にしている赤い絵の具を探そうと、なりふり構わず川に入り濡れながら探し続ける加穂子を麦野がお姫様抱っこ。彼女を家まで送り届けると、彼女の母は「これ以上関わらないで」とドアを閉めようとする。それを麦野は「イヤです」とドアを手でガシッと止めた。続けて「娘さんともう会えなくなるのはイヤです。バカがつくぐらい単純で素直だけど、いつもこっちの予想以上のことをするんで目が離せないというか…」「2人(両親)がなんで娘さんをそんなにかわいいと思うのかやっと分かりました」「できれば交際を許して欲しいと思っていますけど」「また改めてお願いしに来ます」とあっけにとられる両親を前に、真剣な表情で男らしく宣言して去っていく。 この急展開とも言える麦野の告白に、胸キュンする女性の声がネット上で続出しているのだ。「終盤胸キュンの嵐で苦しい」「すっごい胸キュンなんですけど 麦野くんかっこよすぎる」「いや、ほんまに最後の10分の破壊力すごい(笑)麦野くんすごい(笑)」「麦野くんイケメン過ぎて、カホコ可愛すぎて胸キュンを超えて、胸がズドーンッッって感じ」などの声が相次いだ。また「過保護の演技も最高可愛すぎる」「もう涼真くんのすごい素敵な演技に惚れ直しました」「ルックスも演技もかっこよすぎる!!」と彼の演技についての称賛も見受けられた。 次回(8月16日放送)の予告では、麦野が加穂子の顔の近くで「大好きだよ、加穂子」と言うシーンがあり、「予告だけでも麦野くんに胸キュンしてしまった」とつぶやいている人も。第6話も胸キュン必至の展開になりそうだ。 (TechinsightJapan編集部 関原りあん)