1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【海外発!Breaking News】眼球から27枚のコンタクトレンズが取り出された女性「不快感は歳のせいだと…」(英)
Techinsightニュース

【海外発!Breaking News】眼球から27枚のコンタクトレンズが取り出された女性「不快感は歳のせいだと…」(英)

2017年07月17日 21時14分 Techinsight

【海外発!Breaking News】眼球から27枚のコンタクトレンズが取り出された女性「不快感は歳のせいだと…」(英) 英バーミンガム近郊にあるソリフル病院(Solihull Hospital)を67歳女性が白内障手術を受けるために訪れた。眼科専門研修医のルパル・モリヤリアさん(Rupal Morjaria)が、手術前の女性の眼の状態をチェックしている際に青っぽい塊を見つけた。取り出してみると、なんと17枚の古いコンタクトレンズが重なりあった異物と判明した。 それだけではなく同じ眼からさらに10枚のコンタクトレンズが取り出された。なんと女性は使用したコンタクトレンズを装着したまま忘れてしまい、それが幾度となく繰り返され27枚ものコンタクトレンズを放置していたのである。女性は「コンタクトレンズが眼の中に残っているなんて知らなかった。眼の不快感はドライアイと歳のせいだとばかり思っていました」と話している。 今回、白内障の手術を担当するチームには20年以上も眼科医として勤務してきた者もいたが、眼球に忘れ去られた27枚のコンタクトレンズの発見には驚きを隠せなかった。ルパルさんは「私たちの中でこんなにも多くのコンタクトレンズを眼の中から取り出した事例を見た者は誰一人いませんでした。それにこれだけの物が目の中にあると刺激を感じるはずですが、本人がそれに気づかなかったことにも驚きました」と明かす。 女性は過去35年間コンタクトレンズを使用し続けてきたが、一度も定期検査を受けたことが無かったという。今回の事態に動揺した女性だが、コンタクトレンズを取り出してから2週間経った頃には眼がとても快適に感じると周囲に話しているそうだ。 肝心の白内障手術について、ルパルさんは「これだけ大量のコンタクトレンズが長いこと放置されていたわけですから、おそらく彼女の眼の中には多くの細菌がいると思われます」と感染症を懸念し、延期になったことを述べている。 この一件は昨年11月に起きた出来事だったが、当時は医療系の従事者が閲覧する情報サイト『ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(イギリス医師会雑誌:British Medical Journal)』に報告されただけだった。しかしルパルさんは、医療従事者のみならずコンタクトレンズ利用している一般の人にも注意喚起する意味でメディアに発表したとのことだ。 ルパルさんは「今はコンタクトレンズをオンラインで簡単に購入することができます。しかし適切な使い方をしないが故に視力を失ったり重度の感染症を引き起こした人を私たちは見てきました」と警鐘を鳴らしている。 なお昨年には英コーンウォールにて、医師の処方のもとでコンタクトレンズを使用してきたにもかかわらずバクテリアが繁殖し、59歳男性が失明するという痛ましい出来事があった。 画像は『Metro 2017年7月15日付「Surgeons find 27 contact lenses lodged in woman’s eye」(Picture: Rupal Morjaria)』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)