1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【エンタがビタミン♪】中居正広、SKE48新センターに「おばたのお姉さん」連発も受け入れられず
Techinsightニュース

【エンタがビタミン♪】中居正広、SKE48新センターに「おばたのお姉さん」連発も受け入れられず

2017年07月17日 17時30分 Techinsight

【エンタがビタミン♪】中居正広、SKE48新センターに「おばたのお姉さん」連発も受け入れられず 松井が小畑優奈を前に出しながら「15歳で初めて選抜に入ったんです」と説明していると、「おばたのお姉さんが?」と興味を持った中居正広。「いかがですか?」と小畑に振ると彼女は「緊張していますがSKEの未来になれるようにしっかり頑張りたいです」と番組のテーマ“未来への一歩”に沿って答えた。 中居は「未来の一歩ですからね! おばたのお姉さん!」と再びそのフレーズを口にしており“お笑い芸人・おばたのお兄さん”と小畑優奈を掛けた呼び方がよほど気に入ったと見える。ただSKE48メンバーにはあまりウケなかったようだ。 なにしろ7期生の小畑優奈は『意外にマンゴー』で初選抜入りにしてセンターを務める。『音楽の日』の大舞台とあって本人だけでなくメンバーも緊張気味だったのだろう。中居はそんな彼女たちの気持ちをほぐそうとしたのかもしれない。 この時は東日本大震災で大きな被害を受けた福島県南相馬市の小高(おだか)中学校で作られた合唱曲『群青』のエピソードがVTRで紹介され、生徒たちと同世代の小畑は「私ももっと歌を大切に歌っていきたい」と力づけられていた。 沖縄産マンゴーの魅力をアピールする“沖縄マンゴー大使”に就任したSKE48。小畑優奈の瑞々しさとともに『意外にマンゴー』で夏を盛り上げてくれそうだ。 画像は『小畑優奈 2017年6月24日付Instagram「握手会ありがとうございました!」』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 真紀和泉)