1. ホーム
  2. ニュース
  3. 余ったmicroSDカードをまとめてSSD的に使える変換アダプタが発売に
チェッカーズ!ニュース

余ったmicroSDカードをまとめてSSD的に使える変換アダプタが発売に

2017年03月22日 07時15分 チェッカーズ!


株式会社ドスパラは、余った複数のmicroSDカードをSATAドライブとして有効活用する変換アダプタ『DN-913662』を、直販ショップ「上海問屋」にて発売した。
1/2/4/5/8/10枚の組み合わせが可能
『DN-913662』は、microSDカードをまとめてひとつのSATAドライブとして使える変換アダプタだ。基板上には10基のスロットを備え、最大10枚のmicroSDカードを搭載することができる。
その組み合わせとしては1/2/4/5/8/10枚が利用可能だ。各スロットは32GBまで対応し、すべて同じ容量のmicroSDカードを必要とする。
外部インターフェースにはSATAが採用されており、別途USB-SATA変換ケーブルを使用すれば外付けのSSD的に使用することができるのだ。
本体サイズはW65mm×D98mm×H5.7mmで、重量は約25gだ。なお、価格は3,999円(税込)となっている。

Editor's eyes
microSDXCへの移行により、microSDHCの上限となる容量32GBのメモリが余りがちだ。本製品を使用すれば、それらをまとめてひとつのストレージとしてリユースできるのである。

▼外部リンク
株式会社ドスパラ
詳細ページ