1. ホーム
  2. ニュース
  3. 一人旅にハマる働く女性たち!特別な体験より「現地での交流」を重視!
アラサーマンニュース

一人旅にハマる働く女性たち!特別な体験より「現地での交流」を重視!

2016年10月05日 17時45分 アラサーマン

女性の一人旅に関する調査!
サンケイリビング新聞社は、自社が発行しているオフィスで働く女性のための情報誌「シティリビング」(全国8エリア63万部)のWeb版「シティリビングWeb」にて、働く女性1,572人を対象とした「女性の一人旅」に関するアンケート調査を実施、10月4日にその結果を発表した。また、同誌は、「一人旅好きOL」の女子会を9月27日に都内で開催、その様子も同時に伝えている。
一人旅経験がある働く女性は?
まず、今回行ったアンケート調査で、「一人旅の経験がありますか?」と質問したところ、「はい」と回答した女性は46.5%で、半数近い女性が、一人旅の経験があることが分かった。
また、「これまでに何回一人旅に行きましたか?」と、一人旅経験者に尋ねたところ、「1~2回」が49%、「3回以上」が51%という結果になり、働く女性たちの間で、今、一人旅にハマる人たちが増えていることが判明した。
一人旅好き女子会で情報交換!オススメは海外!
9月27日に行われた「一人旅好きOL」の女子会には、24人の女性が参加。オススメしたい一人旅の場所を尋ねると、台湾やラオスなど、海外をあげる声が多かったという。
その理由としては、「街歩きだけで楽しい」「現地の人が親切で交流できる」との意見が多く聞かれた。このことから、一人旅好きな女性は、特別なアクティビティを楽しむより、「現地での交流」を重視することが判明した。
一人旅は“自分にとっての経験値”
また、女子会の参加者たちは皆、一人旅の時間を“自分にとっての経験値”と捉えており、「同行者がいなくても、行きたい場所があったら行く」と、一人でも飛び出せる行動力がある、アクティブで能動的な人ばかり。中には、一人旅を含めて「過去42カ国を旅した」という上級者もいたという。
さらに、一人旅好きだからといって、「一人でいるのが好き」というわけではなく、むしろ参加者たちは、コミュニケーション能力が高く、初対面でも積極的に交流を楽しんでいる様子だったそう。
貧乏旅行も贅沢も、一人なら誰かに気を遣うこともなく自分の自由にできる一人旅。興味があるなら、“自分の経験値”を高めるためにもオススメだ。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク
サンケイリビング新聞社のプレスリリース
http://www.sankeiliving.co.jp/news/20161004132534.html